野生鳥獣救護センター

救護センターブログ

2013年09月06日 (金)
ニホンジカの誤認保護

5月と6月にニホンジカの幼獣が5頭持ち込まれました。
季節繁殖動物のニホンジカは,ちょうど出産の時期です。


さて,巣立ち雛の誤認保護(誘拐)は,だいぶ知られてきたように思いますが,ニホンジカでも誤認保護が多いことを知っているでしょうか?

なぜニホンジカで誤認保護が起きるのか,想像できない方も多いと思います。
「保護しなきゃ」と誤解されてしまう大きな理由は,ニホンジカの生態があまり知られていないためにあります。

生まれてしばらくの間,ニホンジカの幼獣は母親に茂みなどに隠され,地面でじっと伏せて母親が授乳に来るのを待ちます。
母親は幼獣から離れて採食に出かけます。
授乳は1日に3回くらいになるそうです。
地面に伏せている幼獣を見つけた人が「お母さんとはぐれたんじゃないか・・・」「うずくまって可哀そう」「このままじゃ死んじゃう」と思って,連れ去ってしまい,誤認保護が起こります。

人に育てられた動物は,どうしても人に慣れてしまい,大きな問題になります。
人に慣れたシカの場合,人里に出て交通事故を起こす危険や,農作物を食べて農家さんに被害が起こることが考えられます。
また,本来ならメスは産まれた群れの中で一生を過ごし,オスでも2~3歳になるまでは群れを離れずに生活し,多くのことを学びます。
なので,群れや親から学ぶことができないシカは,生きていく力が低いと思われます。
シカは,群れの仲間の認識が強く,よそ者を排除することがあるため,群れから離さないようにすることが大事になります。

もし,ニホンジカの出産期時である5~7月に(おもに6月頃)ニホンジカの幼獣が座り込んでいる場面に遭遇したら,親が少し離れているだけの可能性があります。
見つけても,そっとしておきましょう。
この時期の幼獣の移動能力はあまり高くありません。
移動能力の高い母親が探しているなら,すぐに手を出さずにそっとしておくことで,母親が見つけることができるかもしれません。

誤認保護は,人が動物の生態を知らないために起きてしまう,人の問題でもあります。
私たちがもっと近隣の野生動物のことを知ることができれば,誤認保護を防げるかもしれません。

救護センタースタッフ 森本

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示
モバイルサイトのご案内 京都市動物園の情報が携帯でもご覧頂けます。