野生鳥獣救護センター

Q&A よくある質問

Q ヒナがうずくまっているのを見つけたけど,どうすればいい?
A 5月から8月は巣立ちの時期です。巣立ちの時期はまだ上手に飛ぶことができません。しかし,あっという間に飛べるようになりますから,そっとしておいてあげてください。車やネコがいて危険ということであれば,近くの木の枝に乗せてあげると良いでしょう。きっと親が近くにいるはずです。自然で暮らしていくために必要なことを学ぶ機会を奪わないように考えてあげましょう。

Q ケガをしている鳥を見つけた。どうしたらいい?
A 京都府森林保全課野生鳥獣担当(075-414-5022)に御相談ください。元気がない場合は,砂糖水(5%程度)やスポーツ飲料の水滴を嘴の端につけて見てください。この方法であれば,嘴を開けなくても内側にしみこんでいくため,水分・エネルギーが簡単に補給できます。また,傷病鳥獣を受け入れている動物病院もあるので,かかりつけの病院があれば相談して見てください。

Q 子ジカがじっとしているが,どうしたらいいか?
A そのままにして,その場から離れてください。
  シカは,子どもを草むらなどに残して行動します。人がそばにいると,親が戻ってこれません。

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示
モバイルサイトのご案内 京都市動物園の情報が携帯でもご覧頂けます。