ニュース

2017年04月14日 (金)
ツキノワグマの来園について

 

 この度,北秋田市「くまくま園」から京都市動物園に,ツキノワグマの「ほのか」が来園しますので,お知らせします。本園では平成26年11月26日に国内最高齢で亡くなったサクラ以来,2年5か月振りの展示となります。


1 来園予定日
  平成29年4月17日(月)
  ※ 当日の取材については,動物の搬入に支障を来たす恐れがありますので,御遠慮願います。
 
2 公開予定日
  平成29年5月中旬
  ※ 公開日については,検疫後,改めて動物園ホームページ(http://www5.city.kyoto.jp/zoo/)でお知らせします。

3 来園するツキノワグマについて
 ⑴ 愛称  ほのか
 ⑵ 性別  メス
 ⑶ 出生年月日  平成28年 1月26日 くまくま園生まれ
                  (所在地 秋田県北秋田市阿仁打当字陣場1-39)
 ⑷ その他  現在,本園では,ツキノワグマを飼育しておりません。

(参考)ニッポンツキノワグマ(食肉目クマ科 英名:Japanese Black Bear 学名:Ursus thibetanus japonicus )
アフガニスタン・パキスタン・ヒマラヤから日本まで広く分布するツキノワグマの亜種の1つで,本州・四国・九州に生息しています。
木の実や果実,若芽,蜂の子,昆虫,カニ,魚など何でも食べます。冬はヒグマと同様,岩穴や樹洞で冬眠します。生息域を奪われ,九州ではほぼ絶滅,四国の個体群も絶滅寸前といわれています。

過去ニュース