ニュース

2015年06月29日 (月)
「ゾウの森」全面オープンについて
 京都市では,平成21年11月に策定した新「京都市動物園構想」に基づき,新しい京都市動物園の平成28年春の完成を目指して,開園しながら段階的な施設整備を進めています。 この度,本年2月に一部オープンしました「ゾウの森」が,全面オープンしますのでお知らせします。
 
1 「ゾウの森」オープンについて
 ⑴ 日時   平成27年7月4日(土) 午前9時
 ⑵ 今回オープンするエリア   
    ゾウの森ゾウ放飼場(メス),ゾウ放飼場(オス)南側園路・観覧通路
 ⑶ 完成関連施設   飼育倉庫,ゴミ置き場・砂利置場,コンポスト
 ⑷ 記念イベント    
   午後1時30分から「ゾウの森」において「飼育員のお話」を実施します。
 
2 「ゾウの森」について
 ⑴ 基本テーマ
   ・ アジアゾウの使役動物としての歴史紹介や馴致を通して,その知性が
     感じられる展示とする
   ・ アジアゾウの群れ飼育が可能な施設を整備し,繁殖を目指す。
 ⑵ 施設面積
   ・ ゾーン面積     約5,500㎡
   ・ ゾウ舎建築面積   約  590㎡
   ・ グラウンド面積   約2,000㎡
 
 ⑶ 施設図
 
 
 ⑷ 施設概要
  ・ 親子用の部屋1,メス用の部屋3,オス用の部屋1,計5室を備えています。
  ・ 屋根には園内で最大の太陽光パネルを搭載し,最大20キロワット/時の
    発電が可能です。
  ・ 屋外のプールは,浅場と深場があり,ゾウが好みの深さを選んで水浴できる
    ようにしました。
  ・ 放飼場には,樹木を植え,自然の日陰を提供するとともに樹木にはシャワー
    ヘッドを設け,暑い夏にはシャワーを浴びることができます。
  ・ ふれあいコーナーではイベント等でゾウとのふれあいを体験していただけます。
  ・ コンタクトコーナーでは,ガラス越しに間近でゾウを観察していただけます。
    また,のぞき穴からは,ゾウの鼻を観察することも可能です。
  ・ バックヤードにはコンポストを設け,ゾウの糞を全て堆肥化し,環境教育に活用
    します。
  ・ 大正12年に建築された旧ゾウ舎のレリーフは,コンタクトコーナーと南側観覧エ
    リアに移設しました。
 
  ⑸ 展示動物について
アジアゾウ
ブラジルバク
ケープハイラックス