ニュース

2014年12月19日 (金)
ヤブイヌの公開について

 この度,京都市動物園にヤブイヌが,イェスパーフス・ジャングルズー(デンマーク)から来園し,下記のとおり公開を行いますので,お知らせします。

                        記
1 公開予定日
  平成26年12月25日(木曜日)
※ 動物の体調により御覧になれない場合があります。

2 展示場所
  ヤブイヌ舎

3 来園したヤブイヌについて
 ⑴ 性別
   オス
 ⑵ 生年月日
   平成23年9月18日
 ⑶ 来園日
   平成26年12月11日(木曜日)
 ⑷ その他
   愛称の募集については,後日改めてお知らせします。

4 来園の目的
 現在,国内で飼育されているすべてのヤブイヌは,1家系に由来しており,国内での遺伝的多様性の保持のためには,海外から別血統の個体を導入することが必須となっています。
 そこで,繁殖を目的としたペアリングを行うため,本園とヨーロッパ絶滅危惧種繁殖計画(European Endangered Species Programme)種別調整者,イェスパーフス・ジャングルズー(デンマーク)の三者間で共同保護計画書を策定し,今回,イェスパーフス・ジャングルズーから本個体が寄付され,来園しました。
 国際自然保護連盟のレッドリストで準絶滅危惧種とされている本種は,国内では5施設で30頭が飼育されています(平成26年11月末現在)。現在,本園では本個体を含め計6頭のヤブイヌを飼育しています。本園におけるヤブイヌの飼育は,平成10年から始まり,現在までに22頭を飼育し,18頭の繁殖に成功した実績があります。今後は,新たに来園したオスを中心とした,ヤブイヌの繁殖に取り組む予定です。
(参考)ヤブイヌ(食肉目,イヌ科,英名 Bush Dog 学名 Spethos venaticus )
 パナマ・コロンビア・ガイアナ及びブラジル等の森林や林縁の沼地に生息しています。体長は58~75㎝,体重5~7㎏でずんぐりとした体型をしており,外見はあまりイヌらしくありません。胴長,短足の体型は藪のなかをくぐり抜けるのに最適です。また,泳いだり潜ったりすることも得意で,指の間には水かきが付いています。野生の行動についてはあまり知られていませんが,10頭くらいの群れで狩りをし,自分の体よりも大きな獲物を狙うこともあるといわれています。
 また,国際自然保護連合(IUCN)におけるレッドリストで準絶滅危惧種(Near Threatened)に指定されています。


来園したヤブイヌの様子

過去ニュース

ニュース
イベント
今月のイベント
来月のイベント
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園サポーター制度
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
Zooニュース
オフィシャルガイドブック
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物・学び・研究センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
いのちかがやく京都市動物園構想2020
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示