ニュース

2014年11月26日 (水)
ツキノワグマの死亡について

 京都市動物園で飼育していましたツキノワグマの「サクラ」が,今朝死亡したことを確認しましたのでお知らせします。
1 死亡年月日
 平成26年11月26日(水曜日)

2 死亡原因
 心不全

3 死亡個体について
 ⑴ 愛称  サクラ
 ⑵ 性別  メス
 ⑶ 年齢  推定39歳
 ⑷ 来園日  昭和50年5月13日 (推定0歳で来園)
 ⑸ その他
   滋賀県高島市(旧朽木村)で,オスの「イチロー」と一緒に保護され,京都市動物園に来園しました。以来39年もの間,皆様に愛され,「イチロー」との間には,13回の繁殖で計20頭の子どもが誕生しました。
   「サクラ」は,国内で確認されている中では,最も長生きしたツキノワグマでした。

4 経過
 数年前から加齢による足腰の衰えが認められ,特に後躯の自由が利かず正常な歩行ができない状況でした。
 平成26年3月に乳腺腫瘍を摘出した後は,治療を継続しながら,体調に合わせて1日数時間に展示を制限していました。
 また,9月中旬からは,移動に時間がかかるようになったため,室内清掃時のごく短時間の展示に変更していました。
 死亡前日の様子は,いつもより起き上がるのに時間がかかり,餌を食べるのもゆっくりでした。

(参考)ニッポンツキノワグマ(食肉目クマ科 英名:Japanese Black Bear 学名:Ursus thibetanus japonicus
 アフガニスタン・パキスタン・ヒマラヤから日本まで広く分布するツキノワグマの亜種の1つで,本州・四国・九州に生息しています。
 木の実や果実,若芽,蜂の子,昆虫,カニ,魚など何でも食べます。冬はヒグマと同様,岩穴や樹洞で冬眠します。生息域を奪われ,九州ではほぼ絶滅,四国の個体群も絶滅寸前といわれています。


平成26年3月19日撮影

過去ニュース

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示