ニュース

2014年10月21日 (火)
アミメキリンの移動について

この度,京都市動物園で誕生したアミメキリンの「瓜生(ウリュウ)」が,繁殖を目的として,豊橋総合動植物公園(愛知県)に移動しますので,お知らせします。
               記
1 移動予定日
 平成26年11月25日(火曜日)
※ 体調等により,延期する場合があります。
※ 当日は休園日となり,移動の様子を御覧いただくことはできません。

2 移動するアミメキリンについて
 ⑴ 愛称
   瓜生(ウリュウ)
 ⑵ 性別
   オス
 ⑶ 出生年月日
   平成25年5月16日 京都市動物園生まれ
   父「清水(キヨミズ)」と母「未来(ミライ)」との第4子として誕生しました。
 ⑷ その他
   現在,本園のアミメキリンについては,「瓜生(ウリュウ)」の他に「清水(キヨミズ)」(オス15歳)と「未来(ミライ)」(メス13歳)を飼育しています。

3 移動の目的
 「豊橋総合動植物公園」で飼育予定のメス(個体は調整中)との繁殖を目指します。
 

(参考)アミメキリン(英名 Reticulated Giraffe 学名 Giraffa camelopardalis reticulata
 サハラ砂漠以南のサバンナ地帯に生息しています。角は雌雄ともあり,突起した骨が毛の生えた皮膚で包まれています。現生動物で一番背が高く,雄では5メートル以上になります。
 長い首は,高い場所の食べ物を食べることができ,肉食獣の接近をいち早く知ることにも役立っています。また,キリンの長い首の骨(頚椎)の数は,人間や他の哺乳類と同じ7個です。
 平成25年12月31日現在,国内では42施設で129頭(オス55頭,メス74頭)が飼育されています。

アミメキリンの「瓜生(ウリュウ)」

過去ニュース