施設案内

京都の森

平成21年11月に策定された共汗でつくる新「京都市動物園構想」に基づく施設整備事業の第9弾として,
「Discovery 発見」をテーマに平成27年9月にオープンしました。

 基本テーマ
 [ 【Discovery 発見】~豊かな森をかんじてみよう~  ] 
●京都の豊かな自然を伝え,ヒトと野生動物の関わりが学べる展示とします。
●身近な自然に関する情報を展示・提供し,地域の自然環境保全に貢献できる施設とします。
●希少淡水魚類の保全・繁殖を行います。

Ⅰ展示動物 
~水辺の仲間たち~
サンショウウオ     キンクロハジロ
 オオサンショウウオ         キンクロハジロ
ホシハジロ     イチモンジタナゴ
   ホシハジロ           イチモンジタナゴ

~里山の仲間たち~
ムササビ     ホンドキツネ
    ムササビ             ホンドキツネ
アオバト     ハヤブサ
    アオバト              ハヤブサ
アオダイショウ     ニホンアナグマ
  アオダイショウ          ニッポンアナグマ
シロハラ     ホンドフクロウ
    シロハラ            ホンドフクロウ
ホンシュウジカ         
   ホンシュウジカ

~深山の仲間たち~
アカショウビン    クマタカ
  アカショウビン            クマタカ

~その他の動物~
ホンドタヌキ,ニホンリス,オシドリ,コガモ,トモエガモ,ヒドリガモ,マガモ,
スズガモ,ホオジロガモ,オオタカ,コジュケイ,ウズラ,ニホンキジ,クロエリセイタカシギ,
ユリカモメ,キジバト,アオゲラ,ヒヨドリ,トラツグミ,ムクドリ,ニホンヒキガエル,
シマヘビ,ニホンマムシ,アカハライモリ,ホオジロオナガガモ,オナガゴーラル

Ⅱ施設紹介

京都の森全景
全景

①展示室
展示室   展示室2
 京都の森の写真を背景に,オオサンショウウオやイチモンジタナゴなどがご覧になれます。

②野鳥舎
野鳥舎
 野生動物救護センターで保護され,野生に帰れなかった鳥を中心に展示しています。

③水禽舎
水禽舎   水禽舎2
 京都で見られるカモ類を中心に展示しています。中央には池があり,カモが池を泳ぐ様子や
 水辺でくつろぐ様子がご覧になれます。

④鳥類舎
ハヤブサ・フクロウ舎
 ハヤブサ・ホンドフクロウ・ニホンキジを展示しています。

⑤小獣舎                          ⑥リス・ムササビ舎
小獣舎1   リス・ムササビ舎
 京都の森に生息している,ニホンアナグマやムササビなどの小さな哺乳類を
 展示しています。

⑦クマタカ舎                         ⑧オオタカ舎
クマタカ舎   オオタカ舎
 森深くに生息するクマタカを展示しています。    オオタカを展示しています。

⑨シカ・カモシカ舎
シカ・カモシカ舎
 ホンシュウジカとオナガゴーラルを展示しています。

⑩アカショウビン舎
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アカショウビンを展示しています。寒い冬を乗り越えられるように
ヒーターが取り付けられています。

⑧クマ舎
クマ舎・表   クマ舎裏
 エゾヒグマを展示していました。裏手からは,屋内の様子もご覧になれます。 

※2016年5月にエゾヒグマの「アイ」が死亡したため,現在動物は展示していません。ご了承ください。

 

⑪棚田
棚田1   棚田2
 京都の森の中央にある,3段の棚田です。琵琶湖疏水の水を使って,コメを育てます。

⑫小川
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 京都の森の奥から噴水池につながる水路です。琵琶湖疏水の水が流れています。
 ゲンジボタルの定着を目指します。

【京都の森パンフレット】
京都の森パンフレットp1.4アウトラインcs3
京都の森パンフレットp2-3アウトラインcs3

※エゾヒグマは2016年5月から展示していません。ご了承ください。