• HOME
  • イベント
  • 12/17 夜の図書館カフェ DE トークの開催について

イベント

17.12.17
12/17 夜の図書館カフェ DE トークの開催について

 京都市動物園では,「生き物・学び・研究センター パワーアップ事業」として,「夜の図書館カフェ DE トーク」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。
 閉園時間後に,正面エントランス1階の図書館カフェを利用して,参加者の皆様と様々な話題をお話しするイベントです。
 今回は、京都大学野生動物研究センター特定助教で,科学コミュニケーターの大渕希郷(おおぶち まさと)氏をお招きして,その活動についてお話しいただきます。科学コミュニケーションとは、市民と科学者を対話で結び、様々な社会問題について共に考えることで,科学コミュニケーターとはそれを促すファシリテーターという役割です。日本では歴史の浅い仕事ですが,野生動物学の分野に科学コミュニケーションを導入すべく,様々な野生動物とそこに暮らす人々に会ってきた科学コミュニケーターの奮闘記をお話しいただきます。

                 記
1 日時   平成29年12月17日(日曜日)
               午後5時00分~午後6時30分
2 会場   動物園  正面エントランス 図書館カフェ
3 内容   「科学コミュニケーター奮闘記
             ~様々な野生動物をもとめて西へ東へ~」
       大渕希郷(京都大学 野生動物研究センター 特定助教)
       ※ 40分ほど講演し,その後に参加者の皆様とお話します。
4 参加費  無料(図書館カフェSLOW JET COFFEE in the zooでの飲み物代は有料)
5 定員   約20名(先着順)
6 申込方法 ⑴ 応募方法  メール ikimonomanabi@city.kyoto.lg.jp又は
               FAX 075-752-1974
       ⑵ 必要事項 件名「夜の図書館カフェ DE トーク参加希望」
         本文に,参加者の氏名(複数名の場合は全員の氏名)
       ⑶ 募集期間 平成29年11月28日(火曜日)~29年12月15日(金曜日)
7 問合せ先 京都市動物園 生き物・学び・研究センター
       電 話 075‐771‐0210
8 後  援 京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディンク゛大学院
           ホームページはこちら

<お話の概要>
 京都大学野生動物研究センターの大渕希郷(まさと)氏は、ふたつの専門を持っています。ひとつは動物学、もうひとつは科学コミュニケーションです。科学コミュニケーションとは簡単に説明すると、市民と科学者を対話で結び、様々な社会問題について共に考えることを目的としています。それを実行するのが科学コミュニケーターです。しかし、野生動物学の分野の科学コミュニケーターは、日本に大渕氏だけです。一方で、獣害問題やイルカ問題などのさまざまな生物多様性の課題解決に科学コミュニケーションが有効であると私は強く感じています。今回のカフェDEトークでは、野生動物学の分野に科学コミュニケーションを導入すべく、ボノボ、シャチ、オオトカゲ、ヤクシカ、クワガタなどなど様々な野生動物とそこに暮らす人々に会ってきた科学コミュニケーターの奮闘記をお話しいただきます。


大渕希郷氏


海外の調査地でお子さんと一緒

イベント一覧

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示
モバイルサイトのご案内 京都市動物園の情報が携帯でもご覧頂けます。