• HOME
  • イベント
  • 「京都市動物園開園110周年記念事業」について

イベント

「京都市動物園開園110周年記念事業」について

  この度,京都市動物園は,平成25年4月に開園110周年を迎えます。そこで,平成25年4月6日(土)の記念式典をはじめ,整備により新しくなった施設を利用した年間を通した取組を実施し,入園者に都心から近く,お客様と動物が「近くて楽しい動物園」を実感していただける様々なイベント等を実施していきますので,お知らせします。
 また,岡崎地域の施設や団体などにより構成される京都岡崎魅力づくり推進協議会においても当園とタイアップした取組が行われます 
                                               

    京都市動物園開園110周年記念事業について

実施内容
平成25年
4月
 
 
(1)「京都市動物園開園110周年」記念式典,「アフリカ
  の草原」オープン式典
・「京都市動物園開園110周年」記念式典を,「アフリカ
の草原」のオープン式典と併せて実施します。
・平成25年4月6日(土) 午前11時
(2) 京都市・京都大学連携5周年記念事業「野生動物
  学の
すすめ」
・「調査・研究の場」としての動物園の取組を広く紹介
 するため,「野生動物学のすすめ」と題して体験型 
 実習や講演会等を開催します。
・平成25年4月20日(土),21日(日)
(3)「ひかり・みず・みどりの熱帯動物館」オープン式典
・「ひかり・みず・みどりの熱帯動物館」のオープン式典
   を実施します。
・平成25年4月27日(土) 正午
(4)110周年記念マグネットの配布
・過去に飼育していた動物も含めた画像入マグネット
 を毎日曜日先着110名に配布します。
・配布は,平成25年4月7日から平成26年3月30日まで  
 の各日曜日(計51日)
(5)「110周年記念特別番組」の制作について
・「110周年記念特別番組」を制作します。
・制作期間は,平成25年4月から8月頃まで予定し,
 放送は9月頃を予定
5月
(6) 110周年記念誌「みんなの京都市動物園」の 
  発刊 【平成25年5月1日(水)】
・写真を中心に,明治36年以来,人と動物の共生を
 めざして歩んできた本園110
年の歩みを振り返り
 ます。
・A4縦型55ページ,発行部数1,000部,販売価格  
 (税込)1,575円(園内販売)。
・なお,市内大手書店及び近隣施設等での販売に
 ついても予定しています。
(7)特典付き年間入園券の販売
・動物園オリジナルネームチャーム(名札)付き年間
 入園券を販売します。
・販売期間は,平成25年5月1日(水)から平成26年3月
  30日(日)まで
・販売数3,000セット
(8) アフリカの草原オープン」記念動物ガイド
・「アフリカの草原」において,飼育員と獣医師による
   動物ガイドを実施します。
・平成25年5月12日(日),19日(日),26日(日)
6月
(9)「ひかり・みず・みどりの熱帯動物館」オープン記念
    動物ガイド
・「ひかり・みず・みどりの熱帯動物館」において,
   飼育員と獣医師による動物ガイドを実施します。
・平成25年6月2日(日),9日(日),16日(日),
  23日(日),30日(日)
7月
(10)「東エントランス・ツシマヤマネコ繁殖施設(非公開
    施設)」オープン式典
・「東エントランス・ツシマヤマネコ繁殖施設(非公開
   施設)」 のオープンを記念し,新たに開店する
 「カフェ・売店」も活用した式典を実施します。
・平成25年7月6日(土) 
(11)「第6回京阪神動物園めぐりスタンプラリー」
・第6回を迎える京都市動物園,天王寺動物園,
  王子動物園の3園めぐりスタンプラリーを,110周年記念
  事業として実施します。
・平成25年7月中旬から9月下旬まで
8月
(12) 夏の夜間開園
・施設整備が完了した「おとぎの国」,「もうじゅうワールド」,「アフリカの草原」,「東エントランス」,「ひかり・
 みず・みどりの熱帯動物館」
を対象に,閉園時間を
 午後8時まで延長し,夜間開園を実施します。
・平成25年8月17日(土),8月18日(日)
9月
(13)公開シンポジューム「いのちの博物館」
・第19回日本野生動物医学会公開シンポジューム
  及び公益社団法人日本動物園水族館協会
  公開シンポジューム 「いのちの博物館」を110周年
  記念事業として共催しま
す。
・平成25年9月1日(日)午後1時
・京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホール
10月
 (14)「ツシマヤマネコ繁殖施設」完成記念
 「やまねこ博覧会」
・繁殖個体の導入を記念して,絶滅の危機に瀕して
 いるツシマヤマネコについて,幅広い年代の方に
 興味,関心を持ってもらうことを目的に,保全関係者
 による演,飼育員ガイド及び工作イベントを実施します。
・平成25年10月26日(土),27日(日)
11月
(15) 秋の夜間開園
・施設整備が完了した「おとぎの国」,「もうじゅうワールド」,「アフリカの草原」,「東エントランス」,「ひかり・
 みず・みどりの熱帯動物館」
を対象に,閉園時間を
 午後8時まで延長し,夜間開園を実施します。
・平成25年11月23日(土・祝),24日(日)
12月
(16) 新施設「一日動物園体験」
110周年に完成する「アフリカの草原」,「ひかり・
 みず・みどりの熱帯動物館」
の動物たちを中心に,
 飼育体験や普段は入ることのできない動物病院等
 の施設を見学できる
  「一日動物園体験(定員20名)」を開催します。
・平成25年12月1日(日)
平成26年
1月
(17)「京都市動物園 思い出の写真展」
・京都市動物園での思い出の写真を募集し,パネル展
  を行います。
・平成26年1月10日(金)から13日(月・祝)まで
(18)110周年記念「無料入園の日」
110周年を記念し無料入園の日を設け,入園者全員
 に記念品を配布します。
・平成26年1月12日(日)
(19)帰ってきた「サル温泉」
・「ひかり・みず・みどりの熱帯動物館」のボイラーの
   温水利用し,サル温泉を実施します。
・平成26年1月12日(日)
2月
(20)帰ってきた「サル温泉」Ⅱ
・「ひかり・みず・みどりの熱帯動物館」のボイラーの
 温水利用し,2回目のサル温泉を実施します。
・平成26年2月11日(火・祝)
3月
(21)「ナイトツアー」
施設整備が完了した「おとぎの国」,「もうじゅう
 ワールド」, 「アフリカの草原」,「ひかり・みず・
 みどりの熱帯動物館」を中心に,職員の動物ガイド
 付き園内ツアー(定員30名)を閉園後に実施します。
・平成26年3月下旬
4月
(22)110周年フィナーレ,京都市・京都大学連携6周年
   記念 事業「野生動物学のすすめ」
110周年のフィナーレを飾るため,京都大学との
   連携6周年を記念して,「調査・
研究の場」としての
   動物園の取組を 広く紹介するため,「野生動物学の
   すすめ」と題して体験型実習,講演会を開催します。
・平成26年4月5日(土),6日(日)

※詳細な内容については,決まり次第,ホームページ等でお知らせします。  

                                         
(参 考)
 京都岡崎魅力づくり推進協議会の取組
 1 講座名
   まち歩き連続講座「岡崎探検」
     -飼育員さんと歩く京都市動物園-
 2 日時,内容
  ⑴ オープン直前「アフリカの草原」へ! 非公開部分にも潜入
    平成25年4月4日(木)10~12時
  ⑵ 開園110周年記念!特別バックヤード(もうじゅうワールド)
        探検と記念品付き
    平成25年5月11(土)10~12時
  ⑶ 新オープン「ひかり・みず・みどりの熱帯動物館」へ!                                                                                 かわいい「は虫類」たちに会いにいこう
         平成25年6月1日(土)10~12時
   ⑷ ニシゴリラの赤ちゃんゲンタロウの“お母さん”といく
         平成25年7月13日(木)10~12時
  
  ※ 要事前申込み:申込受付は「まいまい京都」
        ウェブサイトwww.maimai-kyoto.jp 
  ※ 問合せ先:京都市岡崎魅力づくり推進協議会                                                                                                                                                                                  (事務局:京都市総合企画局市民協働                                                                                                                                                                                                政策推進室 ℡222-4178)