エンジョイ!!ZOO

飼育員ブログ

2017年04月20日 (木)
夜にしか開かない料理屋?

エビフライ
見事なエビフライ♪
・・・ではなくマツボックリをムササビが食べて,残った部分です。
「森のエビフライ」
なんて呼ばれることもあります。
今日はそんな凄腕シェフ?のムササビ達のお話です(^^)

京都市動物園には2頭のムササビが暮らしています。
メスの「ちい」と,
ちい

オスの「ムサ」です。
むさ
夕方に写真を撮ったので,まだ眠そうですねf(^^;)

昼間はこの巣箱の中でノンビリ眠っています。
箱の中

実はお客さんもお部屋の中をのぞくことが出来ます!
のぞく
写真だと分かりづらいですが…お顔がはっきり見えることもあるんですよ!

最初は別の巣箱に居ることが多かったのですが,
今ではすっかりこの巣箱にも慣れてよく入ってくれています(^▽^)
元々は子供の時に保護されて飼育員に育てられていたので,
人懐っこい性格も影響しているのかもしれません。
※動物の体調等によってはのぞくことが出来ない場合もあります

とはいえ,ムササビの動いている姿を見てみたい!
という方には夜間開園がオススメ!
午後8時まで動物園が開園しているのでムササビが動きまわっている
姿を見る唯一のチャンス!
次は8月11~14日に予定しているので楽しみにしていてくださいね!
※夜間開園時は午後7時30分が最終入園時刻になります

え?そんなに待てない?
そんなこともあろうかと,ムササビ達の夜の姿を動画でも公開しています!
ムササビの夜間行動 ※YouTubeへ移動します
昼の姿とは打って変わって,とっても活動的!
夜になれば…一躍人気者♪

もちろん野生のムササビ達も夜に活発に動き回っています。
実際に山の中を探検するとこんなものを発見するかも…
食痕
マツボックリ
ムササビの食痕(しょくこん)です(上:シラカシ 下:マツボックリ)
実際にこうした“サイン”を探して,ムササビの生息場所を特定したりもします。
最初に出てきた「森のエビフライ」も立派な食痕のひとつなんです。

ハイキングなんかの時には是非あしもとも見て頂いて,
動物たちの“サイン”を探してみるのも面白いですよ!

                                ムササビ担当 アラマキ

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
動物取扱業に関する表示
モバイルサイトのご案内 京都市動物園の情報が携帯でもご覧頂けます。