エンジョイ!!ZOO

飼育員ブログ

2017年03月31日 (金)
ザルの正体??

熱帯動物館に入ると,すぐにホウシャガメの展示室があります。
この展示室の地面には,ここ数か月,謎のザルが埋め込まれています。

地面に半分だけ埋め込まれた逆さのザル・・・
DSCF4408
さらにザルだけではなく,
DSCF4406
このようなネットが埋め込まれているところも。
一体これはなんなのでしょう・・・

 


実は,このザルやネットは,地中に埋まっているホウシャガメの卵を守っているのです。
ホウシャガメは自分で穴を掘って卵を産みます。
後ろ足を上手に使って,
DSCF3402
右足,左足,右足,左足とゆっくり掘り進め,
DSCF3400
ある程度の深さまで掘ると卵を産みおとします。
そして,卵を産んだ後は,上手に穴を埋め戻します。
埋め戻した穴がこちら。
DSCF3810
埋め戻した直後なら,なんとなく掘った跡がわかります。
ここを掘り返すと,
DSCF3811
深さ約15cmのところに卵があります。
DSCF3815
これまでは,人工ふ卵器で卵を孵化させるために,穴を掘り返して卵を回収していましたが,昨年の4月に人工ふ化が成功したので,次の取り組みとして,展示室に卵を埋めたままふ化に取り組んでいます。カメたちは,穴を掘りやすい軟らかい地面を探して穴を掘るので,ザルやネットで卵を保護しておかないと,その上から穴を掘って,元からある卵を割ってしまうことがあります。こうした事態を避けるために,展示室の地面にはいくつかザルやネットが設置されているわけなのです。
DSCF4410
うまくいけば,産卵から3~4か月後には赤ちゃんが孵化するはずです。
地中からホウシャガメの赤ちゃんが出てくるのを期待して待ちたいと思います(^-^)

熱帯動物館 セオ

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示