• HOME
  • ゾウの繁殖プロジェクト

ゾウの繁殖プロジェクト

概要
 ゾウの繁殖プロジェクトは,「京都市動物園開園110周年」(平成25年)と「日本・ラオス」外交関係樹立60周年」(平成27年)を契機に,両国友好のシンボルとして行われます。
 平成22年に在京都ラオス人民民主共和国名誉領事館が開設され,翌平成23年に関西ラオス友好協会が発足していたことも本プロジェクトの大きな後押しになりました。
 平成25年7月12日にラオス人民民主共和国天然資源・環境省において,「京都市動物園におけるゾウの繁殖プロジェクト」に関する覚書が調印されました。プロジェクトの内容は,
1)ラオスからアジアゾウ4頭(オス1頭,メス3頭)が寄贈され,
2)そのゾウを京都市動物園で飼育し,2国が協力して繁殖に取り組みます。ゾウの飼育・健康管理・繁殖技術の向上を図るため,ゾウたちの発達,行動や生理指標など,繁殖に関連する基礎データを収集する等の共同研究を実施します。

覚書はこちら

 また,平成26年7月29日に,京都市動物園,京都大学野生動物研究センター,及びラオス国立大学林学部間で学術交流に関する覚書を締結し,ラオスにおける調査研究に関して協力関係を構築しました。

覚書はこちら

平成27年7月30日に,「ゾウの繁殖プロジェクト」の覚書に基づく,人材交流に関して取り決めた覚書を,ラオス天然資源・環境省森林資源管理局において交わしました。
本覚書に基づき,平成27年の京都市とラオスとの間の人材交流が始まりました。

覚書はこちら

「ゾウの繁殖プロジェクト」における活動内容を,「どうぶつのくに.net」において
京都市動物園の「サバイディー!エレファンツ」(外部のサイトへのリンクです)
としてお伝えしています。

○平成28年度の取組 

 

日付
 

 

内容
 

 

参考
 

平成29年3月1日

ヴィロード・スンダーラー 駐日ラオス特命全権大使
大野 嘉宏        在京都ラオス名誉領事
が京都市内および京都近郊に住むラオス人留学生の方々とともに来園されました。

平成29年2月12日
~2月24日

「ゾウの繁殖プロジェクト」に基づく人的交流事業による京都市代表団のラオス訪問。
田中センター長,西村獣医師,黒田職員

2月13日 「ゾウの繁殖プロジェクト」の進捗状況説明。農林省副大臣表敬訪問。
2月14日 ラオス国立大学副学長表敬訪問。同大学林学部セミナーでの発表
2月15日~22日 サイニャブリー県滞在
2月16日 サイニャブリー県副知事表敬訪問。県天然資源管理局訪問
2月17日~19日 「ゾウ祭り」視察
2月20日 ナンプーィ野生動植物保護地区視察
2月21日 ゾウ保全センター視察
2月23日 ビエンチャン市バス公社視察





平成28年6月28日

~7月4日

「ゾウの繁殖プロジェクト」に基づく人的交流事業によるラオス代表団の京都訪問。
     ブンカム・ヴォーラチット 天然資源・環境省副大臣
     ニャンニョン・シパセウト サイニャブリー県副知事
     ブンテウン・チャンタブリー 首相府社会伝統局長
     サイサモン・フォティサット 天然資源・環境省 森林資源管理局
     フォンケオ・ブアラパ  ラオス国立大学林学部准教授

6月29日 ラオス代表団の京都市長表敬訪問
6月30日 京都市動物園の子ゾウ4頭の視察,「ゾウの繁殖プロジェクト」の進捗状況説明。
7月1日 京都大学PWSリーディング大学院との合同セミナー
7月2日 世界遺産・二条城をはじめとする市内視察
7月3日 講演会「子ゾウのふる里~ラオスと出会う~」




○平成27年度の取組

日付

内容

参考

平成28年2月15日~26日 「ゾウの繁殖プロジェクト」に基づく人的交流事業によるラオス訪問。
              髙山園長,田中センター長,和田課長補佐,米田職員
2月16日 ラオス国立大学林学部における講演
2月17日 ラオス天然資源・環境省 森林資源管理局訪問
2月19~21日 サイニャブリー県ゾウ祭り視察
2月22日 サイニャブリー県副知事表敬訪問

2月22日 サイニャブリー県トンミーサイ市長,教育長表敬訪問
2月23日 トンミーサイ市内の中学校視察。



平成27年12月6日 市政広報番組『海を渡って京へ 奇跡の子象物語』 KBS京都にて
午後7時~7時55分放送
 
平成27年11月17日 在ラオス日本大使館 特命全権大使来園・視察  
平成27年11月14日 SAGA18において「ラオスから子ゾウたちがやってきた
~京都市動物園へのアジアゾウ導入について~」を口頭報告
 
平成27年11月11日 訪日ラオス人民民主共和国国民議会議員団による京都市動物園
の視察
平成27年11月10日

(公社)日本動物園水族館協会が主催する第25回ゾウ会議に
おいて,「ラオスからの新規個体導入」についてを口頭で,「ゾウの
繁殖プロジェクトの進捗について」をポスターで報告。

 
平成27年8月29日 動物園レクチャールームでラオス講演会を開催。
「象への恩返しプロジェクト」に参加している小学生から,ラオスからの
4名にお礼の言葉と花束贈呈。
その後の講演会でゾウのふるさとのサイニャブリー県について紹介し
ていただいた。
平成27年8月28日 京都大学と共同の国際セミナーを開催。
ヴォンデュアン氏(ラオス天然資源・環境省 森林資源局長)と
タナン氏(ラオス国立大学林学部講師)が発表。
平成27年8月27日 ラオスからの派遣者4名が京都市副市長を表敬訪問。
平成27年8月27日 「ゾウの繁殖プロジェクト」に基づくゾウの飼育状況の報告。
研究プロジェクトの紹介。
平成27年8月27日 「ゾウの繁殖プロジェクト」に基づいて,ラオスから4名が入洛。
「ゾウの森」の施設を視察。
平成27年7月30日 「ゾウの繁殖プロジェクト」基づく人材交流に関する覚書に署名。
平成27年7月29日 ラオス国立大学林学部演習林施設を視察。
平成27年7月28日 ラオス天然資源・環境省森林資源管理局 ヴォンデュアン・
ヴォンシハラット新局長を訪問
平成27年7月5日 トンシン・タンマヴォン ラオス人民民主共和国首相一行の京都市
動物園訪問(ゾウの視察)
平成27年7月4日

ゾウの森全面オープン
ゾウの繁殖プロジェクト説明看板の設置
飼育員による動物ガイド実施

平成27年6月1日 消化試験のためのサンプリング実施
岐阜大学応用生物科学部 生産環境科学課程 動物栄養学研究室 八代田真人准教授

平成27年4月20日

岐阜大学応用生物科学部 生産環境科学課程 動物栄養学研究室 八代田真人准教授と研究打合せ

研究課題:日本国内における成長期のアジアゾウの栄養管理,消化機能および発育評価について

平成27年4月11日

グラウンドにおけるゾウの行動観察記録

研究課題:アジアゾウ新規導入個体の動物園における行動レパートリー調査

平成27年4月6日

京都大学農学研究科 応用生物科学専攻動物機能開発学講座 
松井徹教授と研究打合せ

研究課題:アジアゾウにおける血中微量元素・ビタミン濃度と成長・
疾病との関係解明による繁殖への取り組み

平成27年4月5日

ゾウの愛称発表&命名式
冬実-トンクン,春美-カムパート,
夏美-ブンニュン,秋都-トンカム


これまでの経過