生き物・学び・研究センター

生き物・学び・研究センターブログ

2018年03月29日 (木)
シロマティーとベンケイ,それぞれの変化

動物園の桜は満開となりました。
サル舎やサル島付近の桜も満開。


そのサル舎の住人,シロテテナガザルのシロマティーと,マンドリルのベンケイのおはなしです。


ちょこんと座った可愛らしい姿がお客さんにも愛されています。

ところが,勉強の時間になると,最近ではこちらが定位置に。

ご丁寧に,顔までそむけています。

これは最近になって始まったわけではなく,昨年の夏以降ずっとこんな調子なのです。
まれに,やってきて,少しだけ問題をしてくれることがありますが,5分と続きません。
どうも,最近,勉強にやる気が出ないようです。

この話を,最近いくつかのメディアにも書きました。
毎日新聞「きょうの動物園」(3月10日掲載)

どうぶつのくに.net 「ドクター田中正之のEdutainment in Kyoto zoo」
Vol.43 「やる気のあるサル(ひと)、ないテナガザル(ひと)」(3月23日掲載)

これまでの記録でどうだったのか,これまで同じようにやる気がなくなったことがあったのか,どんな原因が考えられるのか,,,等々
これまでの記録を掘り起こして分析したものを,明日(3月30日)に行われる,日本応用動物行動学会春季研究発表会(webページはこちら)で発表する予定です。

一方,お向かいのマンドリルの方は,ベンケイがあいかわらずやる気(食い気?)満々。

1~7までの数字の順番を覚える勉強を一昨年の秋からやっていましたが,3月に入りようやく合格基準に到達したので,8を加えて1~8までの勉強をしているところです。
おサルにとっては,これまでと条件が少し変わっただけでも,ものすごく難しくなります。
成績も5割以下にまで落ちてしまって苦戦中。

それでも,まだまだやる気はあるので,時間はかかるでしょうが,少しずつ成績は上がっていくと期待しています。


田中正之

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示