生き物・学び・研究センター

生き物・学び・研究センターブログ

2017年01月20日 (金)
実のなる木 弐拾七


アオキは,日本が原産で全国に自生し,山野で自然に見ることができます。葉っぱだけでなく,枝も 緑色をしていることから「青木(アオキ)」と名づけられ、それがなまって「アウクバ(Aucuba)」という学名が付けられました。
また,園芸品種も多く,日陰にも強く家の北側など条件の悪い場所に使われることも多いようです。
ちなみに雌雄異株で,実がなるのは雌(メス)の木のみです。

なお,実は直径2センチ程度と大きく,ヒヨドリなどが好んで食べるといわれていますので,身近にあるようであれば,是非観察してみてください。

そして,アオキの語源となった枝は,成長につれてコルク状の褐色となります。

【アオキ】
目:ガリア
科:ガリア
属:アオキ
学名:Aucuba japonica
英名:Japanese Aucuba
備考:常緑低木
生き物・学び・研究センター 和田

過去ブログ

カテゴリー

ニュース
ニュース一覧
イベント
今月のイベント
来月のイベント
イベントのご報告
来園者の方へ
開園時間,休園日
料金,年間パスポート
団体でのご来園
教育プログラム
注意事項
免責事項
施設案内
園内MAP
図書館カフェ
展示室・レクチャールームなど
授乳室など
園内店舗
おとぎの国
もうじゅうワールド
アフリカの草原
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館
ゴリラのおうち~樹林のすみか~
ゾウの森
京都の森
動物園をサポート
京都市動物園ボランティアーズ
どうぶつ図鑑
動物一覧
ほ乳類一覧
鳥類一覧
は虫類・両生類一覧
魚類一覧
エンジョイ!!ZOO
オフィシャルガイドブック
オリジナルグッズ
飼育員ブログ
動物園だより
園内広報
オリジナル壁紙
生き物・学び・研究センター
センターとは
研究
国際関連事業
連携事業
教育普及
成果・業績
生き物センターブログ
野生鳥獣救護センター
救護活動について
救護活動トピックス
飼育ボランティア募集のお知らせ
救護センターブログ
デデポッポー
Q&A よくある質問
動物園のご紹介
動物園からご挨拶
海外派遣研修等
沿革・年表・動物園の歩み
戦争と動物園
動物取扱業に関する表示