生き物・学び・研究センター

生き物・学び・研究センターブログ

2017年09月10日 (日)
最近,落ち着きません。(勉強部屋百景68)

夏休みも終わり,ようやく涼しくなってきて,これから勉強に身が入るかと期待していたのですが,チンパンジーたちはそうなっていません。

原因はこれ

ローラが発情を示すお尻の腫脹(しゅちょう)が最大レベルになり,ジェームスは気が気ではないのです。

後ろから見ると目立っているのがよくわかります。
最近ジェームスはローラのお尻を追いかけ続けています。


ローラはというと,ときには勉強のモニターに向かうこともあるのですが,
お尻が腫れて座りにくいこともあって,立ったまま数問やって,また立ち去ります。


ローラを交尾に誘いたいジェームスですが,上手に誘うことができず,ローラに相手にしてもらえません。それどころか,うっとうしがられて逃げられる始末。それでもしつこくローラを追い回すジェームス。。。
ジェームスの不満はつのり,「ぶーぶー」と不満を表す唇を鳴らす音を常に出し続けて,周りに緊張感をばらまき続けます。タカシやコイコはやっかい事に巻き込まれたくないので,ジェームスとは距離をとろうとするのですが,ジェームスから離れようとするローラが動き回るので,結局ジェームスが近くに来ることになり,また移動します。
こんな感じで,群れの全員がうろうろと動き回ってばかりで,勉強部屋に誰もいない時間が続きました。

そういう空気を敏感に感じ取るのが子どものニイニ


周りが落ち着かなく動き回っているのをいいことに,自分も走り回り,天井に上がっては大人たちを遊びに誘おうとします。

かと思うと,気まぐれにモニターの前にやってきて,数問やっては,また遊びに行ってしまいます。

最近,影が薄くなったタカシ。

この日もほとんど問題はやらずに離れていきました。

ということで,暑い夏が終わっても,あいかわらず勉強に身が入らないチンパンジーたちでした。

 


田中正之