• HOME
  • 生き物・学び・研究センター

生き物・学び・研究センター

生き物・学び・研究センター

                 

1. 生き物・学び・研究センターについて

2013年4月,京都市動物園に新しくできたセクション,「生き物・学び・研究センター」について,ご紹介します。
こちらのページをご覧ください。

<センター長よりごあいさつ>

こちらのページをご覧ください。

 

2.活動のおしらせ

(1)京都市動物園でおこなわれている研究の紹介

京都市動物園では,動物園の動物を対象に,さまざまな研究を推進しています。それぞれの研究については,
こちらのページをご覧ください。

研究成果の公表について

2015年度の成果をまとめています。 こちらのページをご覧ください。

2016年度の成果はこちらのページです。     

(新着) 共同研究論文が岩波書店の月刊「科学」に掲載されました。
山梨裕美(2017)「ちびっこチンパンジーと仲間たち(第182回)ニイニは見習いベッド職人」科学87(2): 184-185.
「科学」2017年2月号の目次はこちら(外部サイトへのリンクです)をご覧ください。

※なお,山梨裕美さんのこのお話は,今月の夜の図書館カフェDEトークでお話しされます。参加を希望される方は,こちらのページをご覧の上,お申込みください。

 

(新着) 職員の論文が日本動物園水族館教育研究会誌に掲載されました。
「異業種団体との協働によるツシマヤマネコを題材とした教育プログラムの開発と教育効果」
(岡部光太,髙木直子,和田晴太郎,松本 朱実) 日本動物園水族館教育研究会誌23: 5-13.
*昨年実施した「やまねこ博覧会」の成果報告論文です。

(新着) 職員の研究論文が学会機関誌に受理されました。
「動物園で給餌している樹葉の重量推定と栄養含量の季節変化」(塩田幸弘,八代田真人,河村あゆみ,田中正之)日本畜産学会報(印刷中).
*岐阜大学の八代田真人先生との共同研究の成果です。

(新着) 共同研究論文が国際学術雑誌に掲載されました。
「動物園のチンパンジーに認知課題として道具を用いる給餌装置を導入する:新しい型の道具使用の獲得と行動や空間利用に及ぼす効果」(山梨裕美,松永雅之,島田かなえ,門竜一郎,田中正之)
京都大学野生動物研究センター特任助教の山梨裕美さんとの共著論文です。
Yamanashi Y, Matsunaga M, Shimada K, Kado R, Tanaka M (2016) Introducing tool-based feeders to zoo-housed chimpanzees as a cognitive challenge: spontaneous acquisition of new types of tool use and effects on behaviours and use of space. Journal of Zoo and Acquarium Research 4(3): 1-9.
DOI: 10.19227/jzar.v4i3.235(外部サイトへのリンクです)

昨年,日本動物心理学会の公開シンポジウムで行った講演が論文化され,学会誌に掲載されました。
「動物園動物のこころを探る」(田中正之) 動物心理学研究66 (2016) No.1: 53-57
DOI: http://doi.org/10.2502/janip.66.1.8(外部サイトへのリンクです)

職員の研究論文が国際学術雑誌に掲載されました。
「飼育下アジアゾウにおける鼻利用の社会的意義」(安井早紀,伊谷原一)
京都大学野生動物研究センターの伊谷原一教授との共著論文です。
Saki Yasui and Gen'ichi Idani (2016) Social significance of trunk use in captive Asian elephants. Ethology Ecology & Evolution オンライン版(平成28年5月23日公開)(doi:10.1080/03949370.2016.1179686)
アジアゾウの観察から,ゾウが鼻で相手の身体に触れるとき,社会的文脈によって触り方を変えていることを発見しました。詳しい要旨は,「2016年の成果」のページに記載しています。

試料提供で協力した研究成果が論文として公開されました。
    「自然に起こるウシ科APOBEC3は,ウシ科レンチウィルスへの抵抗性を与える:
ウシ科とウシ科レンチウィルスとの共進化への影響」
Yamada E, Yoshikawa R, Nakano Y, Misawa N, Kobayashi T, Ren F, Izumi T, Miyazawa T, Koyanagi T, and Sato K (2016) A Naturally occurring bovine lentiviruses: implication for the co-evolution of bovids and their lentiviruses. Scientific Reports 6: 33988 (doi: 10.1038/srep33988)

「挿入配列の生活史が新しい哺乳類の遺伝子進化を明らかにする」
Carelli FN, Hayakawa T, Go Y, Imai H, Warnefors M, Kaessmann H (2016) The life history of retrocopies illuminates the evolution of new mammalian genes. Genome Research 26: 301-314. (doi:10.1101/gr.198473.115)

毎日新聞 大阪版夕刊で連載しています。
「きょうの動物園」(外部サイトへのリンクです)
田中正之(2016) ゴリラの知性,目で見て実感. (2016年4月23日)
田中正之(2016) 見つめ合える隠れた人気者. (2016年5月21日)
田中正之(2016) ゾウをもっと知りたい. (2016年6月18日)
田中正之(2016) 気軽に行ける自然の入り口. (2016年7月16日)
田中正之(2016) 群れの中で遊んで甘えて成長. (2016年8月13日)
田中正之(2016) 誕生と死、身近に. (2016年9月10日)
田中正之(2016) 動物が喜ぶことって? (2016年10月8日)
田中正之(2016) 知ろう、守ろう 身近な在来種(2016年11月5日)<新着>

ウェブサイト「どうぶつのくに.net」で連載しています。
京都市動物園の「サバイディー!エレファンツ」
(外部のサイトへのリンクです)

こちらも連載しています。(外部のサイトへのリンクです)
ドクター・田中正之の「Edutainment in Kyoto Zoo」(外部のサイトへのリンクです)
 

2014年度の成果をまとめました。 こちらのページをご覧ください。

2013年度の成果については,こちらのページをご覧ください。

(2)教育プログラムについて

生き物・学び・研究センターでおこなう教育プログラムについてお知らせします。

(1)「動物園大学 ~野生動物学のすすめ~」

科学技術振興機構(JST)が,科学技術,理科,数学に関する観察,実験,実習等の体験的・問題解決的な学習活動を支援する「サイエンス・パートナーシップ・プログラム(SPP)(JSTのウェブページへリンクしています)に2013年度,2014年度と採択されました。
NEW 平成27年度からは,SPPの後継プログラム「中高生の科学研究実践活動推進プログラム(学校活動型)」に京都市教育委員会から申請され,採択されました(平成29年度まで)
。枠組みは変わりましたが,学習支援を継続していきます。

     ・平成28年5月14日(土) 今年度の学習打ち合わせに行ってきました。
     ・平成28年11月4日(金) 第32回京都市中学校総合文化祭理科の部兼第68回生徒理科研究発表会(10月29日開催)
     ・平成29年1月25日(水) ゾウとシマウマの糞がら作った肥料の評価の研究の報告

SPP「動物園大学」の活動記録については,こちらのページをご覧ください。

(2)実践プログラム

   京都精華大学
    平成28年4月11日 活動ガイダンス
    平成28年4月12日 調印式(協定書
    平成28年4月18日 噴水池,京都の森
    平成28年4月25日 おとぎの国屋上,ワークショップ準備
    平成28年5月2日  ブーブー笛ワークショップ
    平成28年5月9日  ヤリタナゴの観察,グリーンウォール苗づくり,京都の森

     平成28年5月16日  おとぎの国屋上緑化,白川生き物調査,二枚貝の分類検索及びナンバリング
    平成28年5月23日 京都の森棚田・上段田植え(赤米),アフリカの草原グラウンド・環境整備,
                京都の森・水路定点調査
    平成28年5月28日 公募当選者とともに京都の森棚田・下段田植え(かぐらもち) 
    平成28年5月30日 噴水池,京都の森棚田・水路
    平成28年6月6日  噴水池,グリーンカーテン等
    平成28年6月13日 ハーブ,噴水池,タナゴ,たんぼ,猛獣脱出対策訓練
    平成28年6月20日 ゾウのうんちはがきワークショップ準備,おとぎの国屋緑化ひまわり播種
    平成28年6月27日 羊毛の洗浄,噴水池の藻掃除,グリーンカーテン用ネットの設置
    平成28年7月4日  ゾウのふんのひりょうプレゼント用小袋準備,おとぎの国屋上緑化東面整備
    平成28年7月11日 おとぎの国屋上緑化,ヨシの皮むき(ワークショップ準備)
    平成28年7月18日 ゾウのうんちではがきを作ろう ワークショップ
    平成28年10月3日  ムラサキコマチの稲刈,園内活動フィールド観察
    平成28年10月10日 ゾウのうんちではがきをつくるムラサキコマチ脱穀
    平成28年10月17日  展示作業,おとぎの国屋上準備作業
    平成28年10月24日 たんぼ田起こし・レンゲ播種,おとぎの国屋上緑化エリア整備・菜の花播種
    平成28年11月7日  ゾウとシマウマの肥料による土づくり,菜の花畑への追肥,木の枝ベッド準備
    平成28年11月14日 羊毛フェルト
    平成28年11月21日 
落葉集め+腐葉土作り,肥料配布用袋詰め作業
    平成28年11月28日 つるし柿作り,管住性ハチ類の観察
    平成28年12月5日  
京都の森・小川調査及び整備,グリーンウォール撤収作業,つるし柿作り
                  鳥の羽パウチしおりワークショップ準備
    平成28年12月12日 土作り,むかごの収穫,ヨシのワークショップ準備,ヤマカガシの観察など
    平成28年12月19日 サウンドスケープ,キリン舎の室内環境整備,つるし柿の経過観察
    平成28年12月26日 餅つき

     平成29年1月9日    羽でパウチしおりを作ろう!ワークショップ,ゾウ・シマウマ肥料の無料配布
                   ムラサキコマチ試食(100%,10%)
    平成29年1月23日 噴水池ヨシ刈り
    平成29年1月30日 
チンパンジー写真展掲示,お勉強のお話,籾摺り

   ・京都市立第四錦林小学校
    平成28年5月10日 今年も2年生と学習します。 

     平成28年6月2日  ゾウのふんのひりょうについて,野菜を育てる
    平成28年9月8日  ゾウの糞の肥料でできた野菜をゾウとアカゲザルにプレゼント
                 Ver2             
                 国語「どうぶつ園のじゅうい」Ver2

 

   ・京都市立錦林小学校
    平成28年5月31日 京都の森棚田・中段田植え(赤米),錦林小学校2年生
    平成28年6月15日 4年生 京都市動物園の歴史と魅力
    平成28年6月16日 5年生 総合学習「なりたい自分をみつけよう」
    平成28年9月13日 3年生 動物のすみかをしらべよう
    平成28年10月3日 2年生 ムラサキコマチ稲刈
    平成28年10月18日 1年生 どうぶつのあんなことこんなこと
    平成28年11月2日 4年生 動物園と琵琶湖疏水
    平成28年11月30日 1年生 いきもの なかよし だいさくせん
    平成28年12月1日 4年生 琵琶湖疏水を世界遺産に

     平成28年12月9日  1年生 公開授業(第3回全国キャリア教育研究 京都大会)
         平成29年1月24日 3年生 総合的な学習「校区の光を見つけよう」 

 ・その他
   
平成29年2月1日 京都市立大枝小学校「体のつくり」
   平成29年2月4日 京都市立御所南小学校「どうぶつえんのしごと」

     平成27年度活動実績
        
平成26年度活動まとめ


 (3)遠隔授業

   京都市教育委員会学校事務支援室の協力を得て,テレビ会議室を活用して実施します。
   なお,私立学校や他府県の場合は,それぞれの実情に合わせて「Skype」「appear.in」「meeting plaza」を活用して実施
  しています。
   
   平成27年5月10日(日) NPO法人スーパーサイエンスキッズ
   平成27年6月7日(日)  NPO法人スーパーサイエンスキッズ
   平成27年9月10日(木) 雲雀丘学園小学校

   平成27年11月19日(木) 草津市立志津小学校
   平成28年9月23日(金) 草津市立志津小学校学校HP
   平成29年2月23日(木) 草津市立志津小学校(実施予定)
 


 (4)「きょうと☆いのちかがやく博物館」3園館包括交流連携協定

 3園館が「いのちかがやく」を共通のコンセプトに連携し,次世代に向けた京都の自然環境の継承及び体験・啓発等をハーモナイズアップさ   せ,地域や社会の活性化に一層貢献していくことを目的に連携しました。

  平成27年3月20日  「包括交流連携協定」
  平成27年5月16日  「ゾウさん、オットセイさんのウンチでバナナを育てる」
  平成27年7月29日  「夏休みの宿題 いきもの相談会」
  平成27年8月27日  「夏休みの宿題 フォローアップ相談会」
  平成27年9月13日 「生物多様性を学ぶ~ヤリタナゴの再導入にむけて~」
  平成27年11月22日 「いきものスケール」
  平成28年2月27日 「いきものモビール」
  平成28年4月17日 「野生動物学のすすめ」
  平成28年10月22日 「ゾウさんにバナナをプレゼントしよう」
  平成28年11月20日 「いきものスケールII」
  平成29年2月5日  科博連サイエンスフェスティバルin青少年科学センター