動物園のご紹介

沿革・年表・動物園の歩み

年 月 備 考 欄 記 録 画 像
1903年4月 前日までに開園の準備は終わり,宮内省下賜の動物も着園し,4月1日開園する。特に開園式は行わず内貴市長・渡辺参事来援視察,入園者6,591人 敷地面積34,059㎡ 収容動物61種238点
1905年12月  「京都市紀念動物園案内」を初出版,定価5銭で販売
 1907年9月  シャム(タイ)公使に依頼のゾウ1頭来園  
 1910年2月 ライオン雌雄各2頭誕生(国内初),うち雄1頭檻外に放り出され,人工保育とする
 1913年5月 創立10周年記念事業実施  収容動物156種 274点
 1913年7月 午後11時まで夜間開園開催  
 1923年3月 ゾウ舎竣工,仮収容舎よりアジアゾウ「パルマ号」を移動  
 1927年8月 カバ舎竣工(12月雌1頭来園)  
 1929年1月 ヒグマ3頭誕生  
 1931年5月 タンチョウのひな,2羽ふ化  
 1932年6月 ライオン雄「小桜号」脱出したため,射殺  
 1933年12月 カバ雌1頭誕生するが(国内初),4日後に死亡  
 1934年8月 チンパンジー雌1頭来園  
 1937年5月 カリフォルニアアシカ1頭誕生  
 1939年11月 第一回全国動物園園長会議を本園で開催  
 1940年8月 シマウマ雌1頭誕生,「初縞号」と命名  
 1944年~1945年 軍の命令によりヒグマ,ホッキョクグマ,ナマケグマ,マレーグマ,ツキノワグマ,ライオン,トラ,ヒョウを処分。カバ,ラクダ,シマウマ,スイギュウなども飢えや栄養失調,暖房が出来ないための寒さで死亡。第二次世界大戦終戦時(9月末),収容動物72種274点(昭和15年末 209種965点)  
 1946年4月 進駐軍により南側約13,200㎡が接収  
 1950年8月 アジアゾウ雌1頭・ニシキヘビ2頭来園,梅小路駅から歓迎行列実施  
 1952年5月 接収解除  
 1953年4月 キリン舎竣工  
 1953年6月

トラ雌2頭・雄1頭誕生(国内初)
ダチョウのひな1羽人工孵化に成功(本園初)

 
 1953年11月 海水水族館開館(昭和43年10月撤去)  
 1954年3月 アシカ池竣工  
 1954年8月 10日から5日間,「サマースクール」開催,児童180名参加(現在の小学生サマースクールの前身)  
 1954年10月 シシオザル自然繁殖(国内初)  
 1955年2月 「おとぎの国」開設,別料金で1人10円徴収(昭和51年4月1日より徴収廃止,現在は無料
 1960年10月 ニシローランドゴリラ1ペア来園
 1962年5月 シロテテナガザル雄1頭誕生,人工保育とする(国内初)
 1964年12月 チンパンジー雌1頭誕生(本園初),「初子」と命名  
 1966年5月 シュバシコウ,人工ふ化に成功(国内初)
 1967年4月 クロエリハクチョウ1羽ふ化(国内初)
 1968年9月 アミメキリン雄1頭誕生(本園初),「高雄」と命名
 1969年10月 ボルネオオランウータン1ペア来園  
 1969年12月 類人猿舎竣工  
 1970年7月 ニホンカモシカ雄1頭誕生(本園初成育),「テツ」と命名  
 1970年10月 ニシゴリラ雄1頭誕生(国内初),「マック」と命名
 1971年6月 ベニイロフラミンゴふ化・成育に成功(国内初)
 1971年8月 小学生以下無料入園実施
 1972年8月 「動物園だより」創刊  
 1974年4月 は虫類館竣工  
 1974年9月 京都市児童画コンクール開始  
 1975年11月 ボルネオオランウータン雌1頭誕生(本園初),「チャコ」と命名  
 1976年7月 ヨーロッパバイソン雌1頭誕生(国内初)
 1976年9月 フロリダキングヘビ人工繁殖に成功(国内初)
 1977年4月 月曜休園日施行
 1977年9月 キバタン・雄「シロ」(大正15・7・2寄贈),日本一の長寿動物として日本動物愛護協会より功労動物表彰受賞  
 1979年8月 アジアゾウ雌1頭(推定8歳)来園,「美都」と命名  
 1980年3月 レッサーパンダ舎竣工
 1980年6月 アジアゾウ雌1頭(2~3ヶ月齢)来園,「友」と命名
 1981年8月 オオミズナギドリ1羽人工ふ化育雛に成功(国内初)
 1982年3月 動物図書館新設  
 1982年5月 ニシゴリラ雄1頭誕生(父親「マック」,母親「ヒロミ」),「京太郎」と命名(飼育下3代目は国内初,累代繁殖として昭和62年第1回古賀賞受賞)
 1982年9月 教育普及活動の一端として,11月4日まで日祝日ごとに映画会開催
 1983年6月 シセンレッサーパンダ「楽楽」雌雄出産(中国亜種として国内初)  
 1983年9月 大水禽舎竣工(直径21m高さ11m円形ドーム型)
 1983年10月 開園80周年記念事業実施
 1984年3月 アカアシガメ人工繁殖に成功(国内初)  
 1985年10月 鳥類舎竣工  
 1986年8月 「第1回中学生動物園教室」開催
 1986年10月 チョウセンオオカミ1ペア,コウライキジ2ペア来園
 1988年3月 カモシカ苑竣工
 1988年8月 コフラミンゴ雄1羽誕生(国内初)
 1989年3月 京太郎舎(現オランウータン舎)竣工  
 1989年10月 野生鳥獣救護事業開始  
 1990年3月 医療・野生鳥獣救護センター竣工  
 1990年6月 ムジヒメシャクケイ人工繁殖に成功(国内初)  
 1991年3月 インクライン休憩所竣工  
 1993年3月 猛獣舎竣工   
 1993年5月 開園90周年記念事業実施
 1995年3月 チョウセントラ4頭誕生するが内3頭死亡,雄1頭人工保育,「平安」と命名
 1997年7月 コフラミンゴ人工ふ化に成功(国内初)
 1999年3月 井戸水給水設備完成  
 2000年2月 ヤブイヌ雌(1歳)来園  
 2001年4月 アジアゾウ雌「友」が死亡
 2002年11月 アジアゾウ「美都」体重測定3005kg
 2003年4月 開園100年 収容動物175種721点
 2004年3月 サル舎竣工  
 2006年 飼育係3名がNPO法人市民ZOOネットワーク主催のエンリッチメント大賞飼育部門大賞を受賞

 2008年4月 京都大学と野生動物の保全に関する教育・研究の連携協定を締結
 2009年3月 東出入口開設
 2009年3月 類人猿舎改修工事完了
 2009年10月 NPO法人市民ZOOネットワーク主催のエンリッチメント大賞受賞(チンパンジー舎)
 2009年11月 新「京都市動物園構想」策定  
 2010年4月 中学生以下入園無料実施
 2010年8月 京都市動物園情報通信システム構築:「野生への窓」「動物園サイネージ」「サイバー動物園」「ホームページ多言語化」
 2011年1月 ヤブイヌ人工哺育に成功(国内初)
 2011年3月 おとぎの国,ペンギンプール,レッサーパンダ舎新設
 2011年7月 おとぎの国カメ池,ニワトリ・アヒル舎,オウム・インコ舎,鳥小屋新設  
 2011年12月 ニシゴリラ雄(オス)1頭誕生(父親「モモタロウ」母親「ゲンキ」)子どもを「ゲンタロウ」と命名。
(飼育下4代目は国内初,累代繁殖として,平成25年(2013年)古賀賞受賞)
 
 2012年3月 もうじゅうワールド,バク舎新設  
 2013年3月 アフリカの草原新設  
 2013年2月 チンパンジー雄(オス)1頭誕生(父親「ジェームス」,母親「コイコ」)当園では,昭和39年以来,49年ぶり2例目の出産  
 2013年4月 動物園における学術研究・環境教育の一層の推進を図るため,「生き物・学び・研究センター」を設置
ひかり・みず・みどりの熱帯動物館新設
 
 2013年7月 「東エントランス」リニューアルオープン及びカフェ・売店,ツシマヤマネコ繁殖棟(非公開施設)新設
京都市動物園とラオス天然資源・環境省森林資源管理局による「京都市動物園におけるゾウの繁殖プロジェクト」に関する覚書の調印を行う。
 
 2014年4月

ゴリラのおうち~樹林のすみか~新設

 
2015年3月

ツル舎,エミュー舎新設

ゾウの森新設

2015年8月 京都の森新設  
2015年10月 正面エントランス,学習・利便施設新設
2015年11月 グランドオープン  
2016年2月 入園者数100万人達成  
2016年4月 グランドオープン記念の実施