企業情報詳細

株式会社竹原美創

タケハラビソウ

最終更新日2019/11/15

  • 京都インターンシップナビ

私たちは笑顔と元気を約束します

  • 京都市右京区嵐山、嵯峨、太秦という古都の街並みや名所旧跡が散在するこの素晴らしい場所で美容業を営んでいます。全てのお客様と全てのスタッフが、共に喜び、共に育ち、共に幸福をかみしめることができる、そんな組織を目指しています。誠実で、素直で、謙虚な姿勢を忘れずに、美容文化を通じて最大限に社会貢献してまいります。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 多様な働き方
  • 育児と両立
  • 介護と両立
  • 治療と両立
  • 女性活躍
  • 非正規処遇改善
  • 高齢者活躍
  • 障がい者活躍
  • 若年者活躍
  • 外国人活躍
  • 地域活動と両立
  • 文化活動と両立
  • 学問と両立

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 7
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 4
    合計 42

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

先輩からのメッセージ

あまり積極的な方ではなく、大きな失敗をして落ち込むこともありましたが、楽しく仕事を続けられてこれたのもお客様の応援とスタッフのお陰です。今では、指名をしていただけるお客様も増えて、積極的に仕事に取り組んでいます。新たな自分探しを一緒にしてみませんか。

アピールポイント

  • 会社の強み

    今のヘアースタイル、頭の形、顔の形、肌の色などで、同じようなヘアースタイルでも、髪のボリュームのだし方、ウェーブの強さ、ヘアカラーの濃淡の違いを変えていくことによって、お客様一人ひとりに似合うスタイルを提案しています。

  • 会社の自慢

    お客様を素敵に、そして笑顔にすることができる大変やりがいのある仕事です。
    美容や理容など、学びたいことがここでなら学べます。
    沢山のスタッフがいますので、カットやパーマ、スタイリングなどの正確な技術、お客様への接し方など色々と身につけていただけると思います。

  • 会社の特色

    閑静な住宅街の中で、メンズサロンを含め150坪の広々とした開放感たっぷりの大型サロンです。
    お客様の美しさを引き出し、笑顔を見ることが私たちの喜びです。そのために、カット、パーマ、スタイリングなどの技術を日々学び続けています。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社竹原美創
(カブシキガイシャタケハラビソウ)
業種 理美容、ブライダル
事業内容 理容・美容一般
設立 1971年01月15日
創業 1971年01月
資本金 1000万円
従業員数 16名 (女:7名、男:9名)
売上高 1億1000万円(2015年05月期)
代表者 代表取締役社長  竹原 正二(タケハラ マサジ)
本社所在地 〒616-8143
京都府京都市右京区太秦川所町7番地の17 
本社電話番号
本社FAX番号 075-871-9086
事業所所在地 右京区
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報
インターンシップ
その他

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります