企業情報詳細

  • 本社

  • 工場

幅広い分野でプリーツの活用を

  • 創業当初はプリーツ機製造だけでしたが、現在では、服地用・資材用プリーツ加工はもとより、転写・ニードル・箔プリント裏貼りなども併用して加工しています。天然繊維ではシルクオーガン、シルクニットに至る幅広い素材の加工が可能になりました。
    人の心に優しさが伝わる素材作りに努めています。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 治療と両立
  • 女性活躍
  • 非正規処遇改善
  • 障がい者活躍
  • 学問と両立

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 7
    合計 44

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

ショーでも大好評を戴いた合皮プリーツバッグ

私どもは、1965年(昭和40年)に株式会社三協鉄工所としてスタートしました。創業当時は繊維機械の製作をしておりましたが、その後社名変更し、プリーツ加工も行うようになりました。プリーツに対するニーズが多様化する中で、今まで以上に企画力・提案力を充実させ、永続的に成長発展できるよう努めてまいります。

アピールポイント

  • 会社の強み

    サイドプリーツ機

    プリーツ機を自社で製作しているので、プリーツに関するノウハウは同業他社に比べはるかに豊富に有しており、加工技術におけるリーダーシップを発揮できることが強みです。

  • 会社の自慢

    プリーツ技術に特化したわが社では、服地だけでなく、靴・バッグ・ランプ・カーテンなど幅広い用途の素材に加工を施すことができます。ギフトショーでは、「プリーツバック」を出展しました。軽くて持ちやすい合皮のショルダーバックから男性用のトラベルバック、ポーチなど、そのデザイン性・機能性に高い評価をいただきました。

  • 会社の社会貢献

    修学旅行・一般の方向けに、プリーツ加工体験プログラムを提供しています。ご希望によりクッションカバーやコースターなどの生地選び・型紙作りからもトライしていただくことが可能です(詳細はホームページをご参照ください)。

  • 会社の理念

    アパレル・繊維関連業界全体が発展向上し、それに伴い自社も発展するためには、自社の独自性および特殊性を磨き発揮することにより、企画力・提案力を強め、業界におけるリーダーシップを担える存在になることが重要かつ必要である。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社三協
(カブシキガイシャサンキョウ)
業種 機械、製造、繊維、その他(プリーツ加工)
事業内容 プリーツ機械製造・修理
繊維関係機械製造 
プリーツ加工・製品販売
設立 1965年12月27日
資本金 1000万円
従業員数 10名 (女:6名、男:4名)
代表者 代表取締役社長  清水 利之(シミズ トシユキ)
本社所在地 〒615-0846
京都府京都市右京区西京極徳大寺団子田町82 
本社電話番号
本社FAX番号 075-322-5261
事業所所在地 右京区
ホームページURL
採用予定

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります