企業情報詳細

日本ニューロン株式会社

ニホンニューロン

最終更新日2016/07/30

  • 京都ものづくり企業ナビ
  • 関西文化学術研究都市内 本社

  • 工場内風景

こころよく、ここちよく!

  • 当社は関西文化学術研究都市に立地する、研究開発型企業です。身近なライフラインからエネルギーや宇宙産業にいたるまで、さまざまなパイプラインに使用される伸縮管を主に開発・設計・製造し、トータルで事業展開しています。それ以外にも、極薄肉~超厚肉、小口径~大口径の製管、成形・溶接技術など他社で不可能なことでも、当社ではできます。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 10
    福利厚生が充実 8
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 8
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 6
    合計 48

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

モノづくり企業だからこそ、先ずは人づくりから。ふれあう人々【社員、仕入先さま、外注先さま、得意先さま】との心の機微を大切にしたい。礼節・誠実・配慮を以って、少年力でワクワクドキドキしながら、未だ見ぬ次世代の製品やサービスを開発、提供してまいります。日本ニューロンは、みなさまの満足を超えて”夢”や”感動”を創造する企業です。

アピールポイント

  • 会社の強み

    当社の品質向上活動は社員のアグレッシブな職務姿勢が原動力です。それは真に"顧客満足"を超えた"顧客感動"を生み出し続けるためのものです。毎日のラジオ体操・朝礼に始まり、年間スケジュール、カリキュラムが組み上げられています。なかでも全社員出席による毎月の改善ミーティングでは提案褒賞はもちろんですが、不適合の起因遠因を全部門であぶり出し、"戦訓レポート"として周知徹底のうえ再発防止に努めています。

  • 会社の自慢

    2007年7月、京都府の誘致を受け、研究開発の充実と更なる業務拡充を図るため、研究開発機関が集積する新産業と新文化の発信エリアである関西文化学術研究都市に本社及び本社工場を移転しました。これを機に同志社大学工学部をはじめとする産・官・学の連携をより強めていくとともに、好環境を活かした日本初の知能化制御システムを導入した屋上緑化や雨水再利用など周辺環境に配慮し、企業の社会的責任を果たしてまいります。

  • 会社の特色

    当社の頭脳である「ニューロン・ラボ」。従来からの研究テーマである金属の疲労と腐食に加え、接合技術やエネルギー力学におよぶまでの塑性学全般を深く掘り下げ、伸縮管設計製作で培った高度な製管・成形・溶接技術で新たな製品とサービスを生み出すことを目的に、日々、研究開発に取り組んでいます。

  • 会社の社会貢献

    環境保護と生物社会の生息空間確保、そして自然との共生をテーマとし当社敷地内にビオトープを設けています。池、沼地、小川を中心に、周辺環境と調和した水生植物や樹林を植樹し、昆虫や小鳥など多種多様な生き物が集まる空間に成長させていきます。
    また、屋上緑化・雨水再利用・太陽光発電にも取り組み、環境に配慮した企業活動を行っています。

  • 会社の理念

    《社是》
    こころよく、ここちよく!
    Be Comfortable!

    《基本理念》
    当社は、モノづくりと人づくりで世の中に貢献し、夢や感動を呼ぶ製品とサービスで、世界一幸せな会社を目指します。

    《経営理念》
    社員満足が顧客感動に直結する!
    社員の元気が集う快適な職場環境を醸成することで、工夫力と想像力を発揮して、お客さまに“満足を超えた”感動“を創与いたします。

会社概要

詳細を見る

法人名 日本ニューロン株式会社
(ニホンニューロンカブシキガイシャ)
業種 環境、製造、鉄鋼、船舶、宇宙
事業内容 製管・成形・溶接のクラフトマンシップ
設計・分析・検査・測定のエンジニアリング
設立 1983年08月08日
創業 1973年09月01日
資本金 3000万円
従業員数 36名 (女:4名、男:32名)
代表者 代表取締役  岩本 泰一(イワモト シンイチ)
本社所在地 〒619-0237
京都府相楽郡精華町光台3丁目2番地18 
本社電話番号
事業所所在地 山城、京都府外(東京都)
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用情報
その他