企業情報詳細

木下電子工業株式会社

キノシタデンシコウギョウ

最終更新日2018/12/03

  • 京都ものづくり企業ナビ
  • 本社工場

ローグ(対話)しませんか?

  • 当社は対話を基本とする緻密なセールス・エンジニアリングにより、一見不可能と思えるようなお客様の条件提示にも解決の糸口を発見し、自由な発想の提案型営業を実践しています。プリント基板の作成から組み立て、機能検査、制御盤製作にいたるまで、数々の実績と信頼により、お客様の要望にトータルにお応えいたします。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 7
    合計 42

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

代表取締役 木下義次

当社の企業ポリシーは、「LOGUE(ローグ)」です。これは“言葉”“対話”を意味します。1974年の創業以来、電気・電子機器や制御技術のスペシャリストとして、斬新な発想の製品を次々に社会に送り出してきた過程にはすべてこの“対話”が大きく存在します。無から有を生む対話の力を信念に、時代の一歩先を見つめ、エレクトロニクスの新たな可能性を切り拓く新技術・新製品開発に今後とも全力で挑んでまいります。
先輩からのメッセージ

当社は基本的に、設計から組込配線までひと通りできる会社です。配線であればどのようなものでもこなす自信があります。配線のことをご存知の方なら必ずその機能美を感じていただけるでしょう。「木下電子工業に依頼したら間違いのない製品ができる」というように、お客様から信頼されるものづくりを目指しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    エレクトロニクス分野において、創業からさまざまな業務を行ってきたなかで、より多くの製造現場に入り込み、現場の問題解決に挑んできました。そのような経験と実績を通じて培ってきた当社の強みとして、次の3点をあげることができます。
    『高品質』
    『納期対応力』
    『提案力』
    これらの3点で、お客様にとっての価値をもたらし、信頼を得ていると自負しています。

  • 会社の自慢

    当社の製造部では、電気・電子機器の組立や基板の半田付けなどを行っています。このように人が行う仕事では技術も重要ですが、技能がより重要になります。そのため、製造部の従業員は全員が電子機器組立て技能検定に挑戦しています。現在、1級技能士が6名、2級技能士が6名おり、さらに、4名が第2種電気工事士を取得しました!常に技能向上に努め、お客様の要望にお応えしていきます。

  • 会社の理念

    私たちの想い…それは、「対話」(LOGUE:ローグ)です。
    木下電子工業は、LOGUEを企業ポリシーとして、対話を通じて無から有を生み出しています!

会社概要

詳細を見る

法人名 木下電子工業株式会社
(キノシタデンシコウギョウカブシキガイシャ)
業種 機械、製造
事業内容 電子・電気制御機器の設計・製造・販売
設立 1976年06月11日
創業 1974年09月
資本金 2000万円
従業員数 25名 (女:7名、男:18名)
売上高 2億円(2016年度)
代表者 代表取締役  木下 義次(キノシタ ヨシツグ)
本社所在地 〒617-0843
京都府長岡京市友岡3丁目10番15号 
本社電話番号
本社FAX番号 075-952-0400
事業所所在地 山城
ホームページURL
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報
インターンシップ