企業情報詳細

レドックス・バイオサイエンス株式会社

レドックスバイオサイエンス

最終更新日2016/06/11

チオレドキシン-エイジングケア素材

  • 当社は、淀井淳司教授(京都大学ウィルス研究所)発見のストレス制御蛋白チオレドキシン(TRX)による創薬を目指した京都大学発のベンチャー企業です。社会問題となる「ストレス」を予防治療するため、京都大学ウィルス研究所、同大学医学部附属病院探索医療センター、産業技術総合研究所との産学官連携の基礎研究を基にしてTRXを主剤とした医薬品、機能性食品、化粧品、診断薬等の研究開発を進めています。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 7
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 5
    合計 41

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

チオレドキシン(TRX)は、全ての生物に存在する低分子量の酸化還元蛋白質であり、抗酸化作用、アレルギーの予防・改善等、様々なストレスに対する生体防御因子としての効果があります。当社は、TRXの研究を基礎に、医薬品、機能性食品、化粧品、診断薬の開発・製品化に取り組み、有害なストレスの低減・エイジングケアに成果を上げています。現代社会における様々なストレスから人々を守り、元気と健康を社会に提供します。

アピールポイント

  • 会社の強み

    機能性食品や化粧品の研究開発・創薬事業を展開していきます

    チオレドキシン(TRX)を通じて、「医療」や「食」、「暮らし」に至るまで、人々の安心、安全な日々の生活実現に貢献します。
    TRXとは、抗炎症、抗酸化タンパク質により、ストレスの低減やエイジングケアに最適な素材。その特性を活用し、食品・化粧品等の製品化を推進し、一部はチオレ化粧品として販売中です。ベンチャースピリットと強力な産学官連携で、医薬品として国内はもとより、グローバルな展開を目指します。

  • 会社の自慢

    機能性食品については、生物系特定産業支援センタープロジェクトが終了し、その後の追跡調査でもその成果と事業展開を高く評価されました。今後も京都大学ブランドの新しい機能性食品とともに高付加価値の「チオレ機能性化粧品」を市場に供給していきます。

  • 会社の特色

    創薬については、動物の呼吸器系疾患モデルにおいて動物での安全性試験も良好との結果を得て、TRXの有効性が証明され、治験申請の準備をしています。
    診断薬、ストレス計測技術については、大手メーカーとの研究開発を進め、ストレスマーカーであるTRXの生体内発現量を迅速かつ精密に測定する技術開発に取り組んでいます。また体内のストレスをモニタリングできるストレス計測システムの構築にも取り組んでいます。

  • 会社の理念

    「現代社会にあふれる様々なストレスから人々を守る製品を開発し、元気と健康を社会に提供する」

会社概要

詳細を見る

法人名 レドックス・バイオサイエンス株式会社
(レドックスバイオサイエンスカブシキガイシャ)
業種 バイオ、食品、医薬、生活、メイクアップ、その他(医薬品・化粧品・食品の研究開発)
事業内容 (1) バイオテクノロジーの研究開発受託
(2) 臨床検査診断薬の製造及び販売
(3) バイオテクノロジーの研究用試薬の製造及び販売
(4) バイオテクノロジーによる医薬品、化粧品、食品等の製造、販売及び輸出入
(5) バイオテクノロジー関連の医療機械器具等の製造、販売及び輸出入
(6) バイオテクノロジーに関するコンサルタント業務
(7) 前各号に付帯する一切の業務
設立 2001年11月01日
創業 2001(平成13)年
資本金 3000万円
従業員数 2名 (女:0名、男:2名)
代表者 淀井 淳司(ヨドイ ジュンジ)
本社所在地 〒606-8397
京都府京都市左区聖護院川原町1-6 しょうたんメディカルビル2F
本社電話番号
本社FAX番号 075-754-0222
事業所所在地 左京区、伏見区
ホームページURL
採用予定