企業情報詳細

株式会社京都セミコンダクター

キョウトセミコンダクター

最終更新日2019/07/10

光の技術を未来のために 光半導体の挑戦者

  • 1980年の創業以来、受光および発光ダイオードの研究開発に特化して、前工程から後工程まで手がける光半導体デバイスの専門メーカーとして歩んでまいりました。
    創業時には、液相成長の一種である新徐冷法に基づくGaAlAs系の光半導体製造装置の開発に成功し、今日の高輝度LEDの基礎を築いた半導体ベンチャーの草分け企業の一社として知られております。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
  • 休暇取得促進
  • 女性活躍
  • 非正規処遇改善
  • 若年者活躍

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 7
    合計 43

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ
当社は今、これまで世界になかった技術を生み出すポテンシャルを背景に、次なる大きなステージへと踏み出そうとしています。その中でも、光を活用したセンサー、通信、発電の三つの領域を融合した当社だからこそできる製品づくりを目指します。そして真にお客様に喜ばれ、社会の進歩に貢献できる製品づくりのため、地道に謙虚に誠実に社業に取り組み、企業としての社会的責任を果たしてまいりたいと念願しております。

アピールポイント

  • 会社の強み

    当社は多品種少量生産によるニーズ対応力を強化しています。一貫した生産体制を活かしながら、製品の特性に合わせて生産手法を変えることで、お客様の要求を満たしています。また、最新の技術動向をキャッチしながら、絶え間なく技術革新を進めていくために、設計・製造・品質評価などあらゆる工程に最先端の設備機器を導入しています。

  • 会社の理念

    当社は3つの品質方針を掲げ、よりお客様に満足していただけることを目指して活動を展開しています。
    1.経営理念、環境理念に基づき、英知を結集し、機動性を活かし、お客様に満足いただける製品を提供します。
    2.恵庭・上砂川両事業所の品質マネジメントシステムに基づき、計画した結果が確実に得られるよう継続的改善に努めます。
    3.品質目標であるアクションプランに基づいた活動を月次会議を通して評価します。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社京都セミコンダクター
(カブシキガイシャキョウトセミコンダクター)
業種 ハイテク、先端産業、エコ、製造、その他(電子部品)
事業内容 <光半導体デバイス事業>
受発光半導体デバイス・複合半導体デバイスならびにモジュールの開発、製造および販売
設立 1980年04月26日
資本金 3億1000万円
代表者 代表取締役社長  横川 直博(ヨコカワ ナオヒロ)
本社所在地 〒612-8362
京都府京都市伏見区西大手町307番地21 
本社電話番号
本社FAX番号 075-605-7312
事業所所在地 伏見区、京都府外(北海道、東京都)
ホームページURL
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります