企業情報詳細

社会福祉法人青谷学園

アオダニガクエン

最終更新日2018/09/20

週休3日の青谷学園

  • 人と関わることが好きであれば、あとは先輩職員が一緒に付いて教えます。実際、今働いている職員のほとんどは未経験者です。
    職員や利用者さんとともに、成長していけることを実感できる職場です。
    私たちは「子育てサポート企業」として、厚生労働省から認定を受けています。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
青谷学園は週40時間、週休3日を取り入れ、年間休日174日です。年次有給休暇も全職員70%以上取得しています。職員の働きがいを常に考え、「笑顔宣言」「健康宣言」「ノーリフティング宣言」など様々な取組みを実践しワークライフバランスの推進を図っています。
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 多様な働き方
  • 育児と両立
  • 介護と両立
  • 治療と両立
  • 女性活躍
  • 非正規処遇改善
  • 高齢者活躍
  • 障がい者活躍
  • 若年者活躍

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 8
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 9
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 10
    合計 51

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

青谷学園の特色といえば「福祉っぽくない福祉」。
誰もが幸せに暮らし生きることが「ふつう」である感覚を大切にしています。福祉っぽくない福祉を職員全員で考え、力を合わせて毎日を充実したものになるよう奮起しています。
福祉の現場はこれからも変わり続けるでしょう。その変化に対応しつつ、利用者さん、職員全員が、幸福な気持ちに満たされるような施設でありたいと思っています。
先輩からのメッセージ

当施設のインターンシップに参加し、優しい雰囲気を感じ、その中で私も働きたいと思い青谷学園に就職しました。今では多くの方の笑顔で溢れ、生き生きとした環境は、私が働く上で大きなエネルギーになり、頑張れる源になっています。そして、これからもその力でより多くの利用者様を一日でも多く笑顔にしたいと思います。

アピールポイント

  • 会社の自慢

    笑顔がつながるとき。
    楽しいことや刺激があるからこそ、実感できる生きる喜び。
    暮らしの支援だけでなく、レクリエーションや余暇の充実も大切にしたい。
    利用者のみなさまもご家族も職員も、共によろこび、共感できるから、あたたかな信頼関係が生まれます。

会社概要

詳細を見る

法人名 社会福祉法人青谷学園
(シャカイフクシホウジンアオダニガクエン)
業種 福祉
事業内容 施設を改築し、施設というより温かいホームのような空間で、利用者さんとともに毎日を充実した日にしようと日々試行錯誤しながら、一致団結しています。毎日が新しい発見の連続です。ぜひ実際に見に来てください。
代表者 理事長  白樫 忠(シラカシ タダシ)
本社所在地 〒610-0113
京都府城陽市中芦原14番地 
本社電話番号
事業所所在地 右京区、山城
ホームページURL
採用予定

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります