企業情報詳細

株式会社ヤマコー

ヤマコー

最終更新日2017/05/26

  • 京都ものづくり企業ナビ
  • プラスチックダンボール

  • プラダンケース

プラダンを全国に広めたい

  • プラスチックダンボールは紙段ボールと同じ構造のプラスチック板なので、軽量で加工性に優れています。当社は、紙段ボールの構造的な特徴と、プラスチックの特徴のいいところを取ったプラスチックダンボールを全国に広めたいと考えています。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 10
    福利厚生が充実 8
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 9
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 10
    合計 54

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    株式会社ヤマコー

    ・金型や木型が不要で、極少ロットの製造が可能です(1個から対応可)。
    ・独自のプラダン専用機械を多数取り揃えた日本一の広さを誇るプラダン専用工場を有しています。
    ・生産から販売まで、中間マージンを排した製販一貫システムを実現しています。
    ・環境意識の高まりが追い風に。右肩上がりで成長中です。
    ・若い人材が活躍することのできる環境(積極的な権限委譲)です。

  • 会社の自慢

    右肩上がりで成長を続けています

    包装業界は全天候型と呼ばれる業界です。不況でも物はつくられ、消費者に届けられます。ものを運ぶには梱包箱が必要になります。当社はお客様毎にぴったりの梱包箱を提案する会社です。

  • 会社の社会貢献

    繰り返し使うことで紙段ボールより経済的です。

    当社の製品は「通い箱」という製品。拠点と拠点を通う箱なので、通い箱と呼ばれるようになりました。
    導入コストは紙段ボールよりは高くなりますが、繰り返し何度もつかうため、紙段ボールのような使い捨て資源と異なりゴミを出さず、環境にやさしいゴミを減らす製品です。
    10回以上使うことができるため、紙段ボールと比べ、経済的です。

  • 会社の理念

    ヤマコーはプラダンを中心とする樹脂製品の加工を通じて、社会に役立つことを使命とし、会社の繁栄と、社員の生活の安定を実現し、人間としての成長を目的とする。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社ヤマコー
(カブシキガイシャヤマコー)
業種 プラスチック
事業内容 プラスチックダンボールの加工・販売
紙段ボールの加工・販売
ポリカーボネートの販売
梱包資材の販売
設立 1976年01月24日
創業 1974年09月01日
資本金 5000万円
従業員数 60名 (女:21名、男:39名)
売上高 7億5000万円(2012年度)
代表者 代表取締役  山崎 惠弘(ヤマザキ ヨシヒロ)
本社所在地 〒610-0202
京都府綴喜郡宇治田原町緑苑坂54-2 
本社電話番号
本社FAX番号 0774-88-6900
事業所所在地 山城
ホームページURL
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報