企業情報詳細

丸玉木材株式会社 舞鶴工場

マルタマモクザイ マイヅルコウジョウ

最終更新日2018/09/20

木のやさしさを一人ひとりに

  • 弊社の創業は1902年(明治35年)、北海道の地でマッチ軸木の製造が発祥であり、その後、日本の合板の歴史が始まった1910年代より合板を製造し、国内初のプリント合板の開発、さらにフローリング、内装建材へと加工の範囲を広げてまいりました。
    創業以来つねに時代をリードする製品開発を行い、木材加工業界における有力企業としての地位を確立しています。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 7
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 6
    合計 42

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

弊社は、構造用合板・フローリングといった木材を使用した様々な製品を製造している会社です。
弊社のの基本理念である『品質を通じて顧客の信頼関係を築く』をモットーとし、高い品質基準を目標にかかげ、日々社員一同頑張っています。
先輩からのメッセージ

この会社を選んだ理由は、地元の舞鶴に貢献したいことと、住宅建材メーカーならより多くの人に会社を通じて社会に貢献できるのではないかと思ったからです。
現在の部署では、会社の問題点を調査する内部監査や検査、試験時の合否判定を行う際に用いる計測器の管理を行っています。各部署の業務の問題点を指摘するだけではなく、担当者と一体となって必要な対策を考え改善されたときはやりがいを感じ、またうれしく思います。

アピールポイント

  • 会社の強み

    舞鶴工場

    ◆原材料(合板・LVL)から最終製品まで、一貫した「ものづくり」
    内装建材の生産に必要な木材を自社内で調達できるため、お客様の要望に柔軟に対応できることが強みです。津別工場(北海道)で生産される合板・LVL(針葉樹合板)は、地産地消の資源循環型グリーンサイクルの中から生まれる環境負荷の小さい商品として、高い評価を得ており、舞鶴工場はそれを原材料とするフローリング・内装建材を市場に提供しています。

  • 会社の特色

    舞鶴工場は、クローゼット・フローリングといった一般エンドユーザー様に直接目にふれる製品を主に製造している工場で、お客様からも高い評価をいただいております。それは当工場が『スパイラルアップ』を合言葉に品質管理面に重点をおくISO、設備管理面に重点をおくTPM活動を2本柱とし、その相乗効果にて『強い製造力』をもった工場を目指しているからです。

  • 会社の社会貢献

    津別病院

    1951年(昭和26年)、弊社が本社を置く北海道網走郡津別町には病院がなく従業員の健康管理として、町内に津別病院を設立し、内科・外科・小児科・歯科等をそなえた町の病院としても開放しました。津別で生まれた企業として、津別で生活する人々の暮らしやすさに貢献しています。

会社概要

詳細を見る

法人名 丸玉木材株式会社
(マルタマモクザイカブシキガイシャ)
業種 製造
事業内容 住宅建材の製造・販売
創業 1902年
資本金 1億円
代表者 大越 敏弘(オオコシ トシヒロ)
本社所在地 〒092-0232
北海道網走郡津別町新町7番地 
本社電話番号
事業所所在地 中丹、京都府外(北海道、茨城県、大阪府)
ホームページURL
採用予定
採用情報
その他