企業情報詳細

株式会社光製袋工業所

ヒカリセイタイコウギョウショ

最終更新日2018/07/27

  • 新工場

  • 懇親会

夢と技術を兼ね備えた製袋専業会社

  • ◆お気に入りの商品の袋に携わる楽しさ
    株式会社光製袋工業所が扱う商品は、暮らしに身近な存在です。例えば、詰め替え用シャンプーやボディーソープなどの日用品から飴やグミ、スナック菓子、レトルト食品などの食品関係まで、それらを包む「袋」を作っている会社です。
    仕事で自分が手がけた商品(袋)をスーパーやコンビで見かけると思わず笑顔になります。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 9
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 8
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 7
    合計 49

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

京都での設立から50年以上が経ち、現在まで培ってきた技術力・品質力に加え工場内の衛生管理レベルも業界トップクラスの評価をいただいており、大手企業を含めた40社以上の得意先から受注をいただいています。
また、従業員の平均年齢も30歳代と若く、常に新しい製品開発へのチャレンジや当社でしか加工できない製品をより高品質で提供することを目指しています。
先輩からのメッセージ

「得意」が見つかるアクティブワーク。テキパキ、黙々作業など「得意」が光る場面がたくさんあります。そんな職場で30代を中心に男女共に活躍中です。先輩の指導やフォローがあるから新人さんの不安も解消します。自分が手がけた商品をスーパーやコンビニで見かけると、思わず笑顔になります。年2回のホテルを借りて行う慰労会や新入社員の歓迎会など親睦を深めるイベントもあり、腰をすえて一緒に成長できる方、待っています。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社光製袋工業所
(カブシキガイシャヒカリセイタイコウギョウショ)
業種 製造
事業内容 食品・医薬品・化粧品・日用品等に使用される袋(プラスティックフィルムを使用して加工するフレキシブルパウチ)の加工を大手企業を含む40社以上の得意先から受注しています。
透明のフィルムに商品のデザインが印刷されたものを材料として受注先から受け取り、最終工程として内容物が入る袋へ加工するだけでなくジッパー機能を付けたり、レーザー加工で開封性を良くしたり、様々な機能を袋へ付加しています。
設立 1964年03月10日
創業 1964年03月
資本金 1000万円
従業員数 110名 (女:37名、男:73名)
代表者 代表取締役社長  田中 大介(タナカ ダイスケ)
本社所在地 〒612-8241
京都府京都市伏見区横大路下三栖辻堂町21 
本社電話番号
本社FAX番号 075-621-9192
事業所所在地 伏見区
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報
その他