企業情報詳細

株式会社北川本家

キタガワホンケ

最終更新日2019/07/10

  • 金賞受賞酒 
    平成23酒造年度 全国新酒鑑評会

京都・伏見の清酒メーカー

  • 京都・伏見の清酒「富翁」醸造元の北川本家は、明暦三年(1657年)の創業以来、酒造り一筋350余年。
    京都・伏見の老舗蔵元です。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
  • 育児と両立
  • 非正規処遇改善

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 9
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 8
    合計 45

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    明治43年、十代目北川三右衛門が中国の四書五経の文献より「富此翁」の表現をみつけ、酒銘を「富翁」としました。「富此翁」の富は貧富を表すのではなく、精神的な豊かさを言い「心の豊かな人は晩年になって幸せになる」という意味です。
    酒どころ京都・伏見で酒造り一筋350余年。「富翁」には、飲む人の心まで豊かになるような酒を造りたい、そんな思いが込められています。

  • 会社の自慢

    江戸時代初期、宇治川(淀川)沿い豊後橋(観月橋)の近くで「鮒屋(ふなや)」という船宿を営んでいた初代四郎兵衛が、お客様に出すための酒を自分でつくりはじめたのが酒造りの第一歩とされています。酒株制度が起った明暦3年(1657年)伏見には83軒の造り酒屋があり、「鮒屋の酒」は伏見の代表酒として三十石船に乗って淀川を下り、大坂から江戸に運ばれ東人(あずまびと)の舌をとらえたと伝えられています。

  • 会社の理念

    私たちは日本酒の製造販売を通して、日本文化の発展に寄与し、人々の真に豊かな生活の実現に貢献します。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社北川本家
(カブシキガイシャキタガワホンケ)
業種 伝統、食品
事業内容 清酒ならびに本格焼酎・リキュールの製造・販売 
米穀(飯米)の販売 
小売り店舗「おきな屋」の経営 
不動産管理
設立 1936年05月29日
創業 1657年
資本金 2965万円
従業員数 30名 (女:8名、男:22名)
代表者 代表取締役  北川 幸宏(キタガワ ユキヒロ)
本社所在地 〒612-8369
京都府京都市伏見区村上町370番地の6 
本社電話番号
本社FAX番号 075-611-1273
事業所所在地 伏見区
ホームページURL
採用予定

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります