企業情報詳細

株式会社エピクエスト

エピクエスト

最終更新日2020/09/17

  • ジョブこねっと
  • 京都ものづくり企業ナビ

エピキタシー技術をベースに、先端技術分野へ貢献

  • 弊社は、社員が出資して設立した会社で、全員が株主です。中小企業にありがちな同族経営ではありませんので、いずれ経営者となってもらえる人材を求めています。平均年齢が若く、自由な活躍の場があります。「顧客と打合せをし、新しい装置を開発する。」というやりがいのある仕事ができます。事業内容も、太陽電池、LED、パワー半導体など、最近注目されている環境にやさしい分野での仕事であり、社会に貢献できます。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
常に新しい技術開発に挑戦している企業です。新しいことに挑戦するには、働いている人の健康が第一。そのためにも働きやすいようにフレックスタイム、半日休暇等導入しています。
また、女性の育児休暇制度や時短勤務にも対応しています。
少人数であるため、経営者と社員が自由にコミュニケーションが取れる働きやすい環境です。
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 多様な働き方
  • 女性活躍

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 9
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 8
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 8
    合計 47

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

弊社のお客様は、常に新しいことに挑戦されている方が多く、世界トップクラスの研究者が多くいらっしゃいます。そのような方々と常に接しながら、弊社も常に新しいことに挑戦し続けています。新しいことに挑戦したい積極的な方、是非お待ちしています。
先輩からのメッセージ

主にCAD等を使い、装置、機材設計を行っています。仕様検討から設計・組立・納品と、装置のプロジェクト全体に携わっています。装置は、一品一様で、設計を行うのは大変ですが、新しいことに挑戦しているので、遣り甲斐のある仕事です。(技術開発G 入社8年目)

アピールポイント

  • 会社の強み

    創業は2000年7月ですが、日新電機株式会社(京都本社)から継承された事業であり、30年以上の歴史があります。主に研究開発の設備が多く、公的研究機関・大学・企業の研究所などに、多数の設備を納入しています。

  • 会社の理念

    エピタキシー技術をベースに先端技術分野へ貢献

会社概要 / 採用情報

詳細を見る

法人名 株式会社エピクエスト
(カブシキガイシャエピクエスト)
業種 機械
事業内容 太陽電池やLEDなどに利用されている化合物半導体薄膜を作製するためのエピタキシャル製造装置(MBE装置、MOCVD装置)の開発・設計・販売・アフターサービス
設立 2000年06月02日
創業 2000年07月01日
資本金 4500万円
代表者 代表取締役社長  山本 高稔(ヤマモト タカトシ)
本社所在地 〒601-8142
京都府京都市南区上鳥羽中河原51 
本社電話番号
本社FAX番号 075-693-3357
事業所所在地 南区
ホームページURL
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります

職場のコミュニケーション円滑化の取組みや社内慣行・風土を変える取組みなど、制度利用を促進する取組みを行っています

情報提供や啓発、教育研修など、働き方改革を推進するための周知啓発を行っています

人材育成や業務内容・業務体制の見直しなど、働き方改革の一環として、業務改善を行っています

労働時間・休暇取得状況等の実態把握や社員の意識調査など、働き方改革の実態を把握し、管理する取組を行っています

直近1年間の残業時間の上限・年次有給休暇取得が法定基準をクリアしています

直近3年間に、場所や時間についての多様な働き方を実現するための制度利用の実績があります

直近3年間に、育児と仕事の両立を支援するための制度の利用実績があります

直近3年間に、介護と仕事の両立を支援するための制度の利用実績があります

直近3年間に、治療と仕事の両立を支援するための制度の利用実績があります

管理職に占める女性労働者の割合が産業別平均以上であり、かつ直近3年間に、女性活躍を推進する制度の利用実績があります

直近3年間に、非正規社員の処遇改善を推進する制度の利用実績があります

高齢者の活躍を推進する制度を活用し、65歳以上の高齢者が実際に活躍しています

障害者の法定雇用率をクリアしており、かつ直近3年間に、障害者の活躍を推進する制度の利用実績があります

直近3年間に、若年社員の活躍を推進するための制度の利用実績があり、また、就職した新卒者のうち離職した者の割合が全国平均以下です

直近3年間に、外国人の活躍を推進するための制度の利用実績があります

直近3年間に、社員の地域活動と仕事の両立を支援する制度の利用実績があります

直近3年間に、社員の文化活動と仕事の両立を支援する制度の利用実績があります

直近3年間に、社員の学問と仕事の両立を支援する制度の利用実績があります