企業情報詳細

株式会社若林佛具製作所

ワカバヤシブツグセイサクショ

最終更新日2019/09/10

  • お仏壇は「洗い修復」ができます

朝に礼拝 夕に感謝 “合掌の心”

  • 「朝に礼拝 夕に感謝」(あしたにらいはい ゆうべにかんしゃ)
    創業1830年(天保元年)。京に生まれ、お仏壇、お仏具一筋に歩んでまいりました。
    ご家庭用のお仏壇・仏具、お念珠、お線香から、寺院用の仏具まで幅広く取り扱っています。
    全国に支店営業ネットワークを持ち、細かいご要望にもお応えいたします。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 多様な働き方
  • 育児と両立
  • 介護と両立
  • 非正規処遇改善
  • 若年者活躍
  • 学問と両立

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 9
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 8
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 8
    合計 49

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ
「朝に礼拝 夕に感謝」
(あしたにらいはい ゆうべにかんしゃ)

アピールポイント

  • 会社の強み

    寺院お内陣荘厳の一例です

    全国、海外のご寺院様へ荘厳具(仏具)を納入したり、漆塗、金箔、彩色等の内装工事をさせていただいております。
    長年培った寺院荘厳具製作のノウハウの蓄積により、ご計画に対して、提案から設計・お見積り、製作(施工)、納入に至るまで、一貫してトータルプロデュースいたします。

  • 会社の自慢

    伝統工芸工房「卯兵衛館」での組立作業

    京仏壇・京仏具の工房見学もおこなっています。

    伝統工芸工房「卯兵衛館」を併設しており、京仏壇・仏具の製作、組立作業の様子をご覧いただくことができます。

    本社5階には「京仏壇ミュージアム」を併設しています。
    また、腕輪念珠作り体験、金箔押し体験もおこなっており、大変好評いただいております。

  • 会社の理念

    匠の技による製作

    【経営理念】
    私たちは関わる全ての人々の「幸せ」と「心のやすらぎ」を追求し、
    豊かな社会の実現に貢献します。

    京仏壇・京仏具に代表される京都の工芸品を製作していくことにより、職人の技術の伝承に努めていくとともに、京の逸品にこだわります。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社若林佛具製作所
(カブシキガイシャワカバヤシブツグセイサクショ)
業種 伝統、工芸、製造、小売
事業内容 ● 寺院用仏具、家庭用仏壇の製造・販売
● 寺院内装工事施工
● 寺院用納骨壇販売
● 念珠、線香、お香類、記念品販売
● 文化財修理 社寺内装・外装工事(若林工芸舎)
創業 1830年
資本金 3000万円
従業員数 63名 (女:26名、男:37名)
代表者 代表取締役社長  若林 智幸(ワカバヤシ トモユキ)
本社所在地 〒600-8218
京都府京都市下京区七条通新町東入西境町147 
本社電話番号
本社FAX番号 075-371-3140
事業所所在地 下京区、京都府外(東京,札幌,仙台,福岡)
ホームページURL
採用予定

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります