企業情報詳細

若菜屋本家 株式会社

ワカナヤホンケ

最終更新日2016/02/19

  • 本社に併設する栗阿彌・御池店

京の豊かな菓子素材に創意と熱い想いを込め

  • 「若菜屋」の店名は、先代が好んだ琴の音色、筝曲「若菜の里」より名づけられました。
    磨き抜かれた伝統と文化に私たちの創意と技、熱い想いを込めて新しい銘菓を創り続けたい、それが西陣の「大極殿跡地」に発祥した京栗菓匠若菜屋がめざす菓子づくりの心です。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 5
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 5
    合計 41

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

若菜屋のキャラクター「栗坊」

弊社は、昭和2年、千本丸太町で創業しました。先代が栗で有名な丹波篠山の出身であり、その妻も丹波園部で300年続いた菓子屋の娘であったことから、栗を使用した和菓子を中心に製造・販売を行ってきました。
独自の製法で丹念に作り上げた、上品で親しみやすいお菓子の提供と、お客様への「おもてなしの気持ち」が伝わる店づくりに努めました。これからもお菓子を通し、お客様に「おもてなしのこころ」をお届けします。

アピールポイント

  • 会社の強み

    栗阿彌

    弊社の代表銘菓「栗阿彌(りつあみ)」は、懐石料理の八寸に出される「栗の渋皮煮」にヒントを得て創作しました。 
    大粒の厳選した栗を、一粒一粒丁寧に鬼皮を剥き、その後弊社独自の製法でじっくりと煮詰めます。
    栗阿彌の「阿彌」は、物事の最高位を表わす言葉で、「栗の極みの菓子」という想いを込めて命名しました。

  • 会社の自慢

    焼き栗きんとん

    テレビで紹介されたことをきっかけに、一日に14000個以上を売り上げた実績をもつ「焼き栗きんとん」は、栗きんとんを栗の形に成形し、焼き色をつけた逸品です。
    厳選された栗となめらかな白あん、ほくほくの食感をお楽しみいただけます。

  • 会社の特色

    ほっこり餅

    弊社は京都府亀岡市に工場をもち、直営店の「若菜屋」12店舗と「栗阿彌」4店舗のほか、全国の有名百貨店にて販売を行っています。
    「栗阿彌」は、30~40代の女性を対象にしており、優しく女性らしいストアコンセプトが魅力になっています。
    また、販売スタッフは、「心を通わせる接客」「笑顔第一の接客」を心がけており、直営店では必ずお茶とお茶菓子でお客様をもてなしています。

会社概要

詳細を見る

法人名 若菜屋本家 株式会社
(ワカナヤホンケ カブシキガイシャ)
業種 製菓、小売
事業内容 和菓子の製造販売
設立 2009年06月26日
創業 1927年10月
資本金 100万円
従業員数 145名 (女:115名、男:30名)
代表者 原田 太七郎(ハラダ タヒチロウ)
本社所在地 〒604-8261
京都府京都市中京区御池通油小路西入式阿弥町137-6 
本社電話番号
本社FAX番号 075-253-0238
事業所所在地 上京区、左京区、中京区、下京区、右京区、伏見区、京都府外(亀岡市、向日市、大阪府茨木市)
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用情報
その他