企業情報詳細

株式会社俵屋吉富

タワラヤヨシトミ

最終更新日2017/08/12

  • 代表銘菓「雲龍」

  • 季節の上生菓子 きんとん製 喫茶去(参考商品)

菓心求道

  • 俵屋吉富ではできるだけ「手づくり」でお菓子を調製することに努めております。 上生菓子や干菓子はもちろんのこと代表銘菓「雲龍」も、昔から変わらぬ手づくりを守っています。雲龍上部の「くぼみ」は「巻簾(まきす)」で手巻きする際にできるその「証し」です。すべて職人の手で一生懸命作りだしている証明です。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 9
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 5
    給与水準・待遇 5
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 6
    合計 41

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

本店(室町通上立売上る)

俵屋吉富では「菓心求道」“常にいいお菓子を求め、菓子道に励むこと”を志に、いつまでも心に残っていただけるよう、日々京菓子作りに邁進しております。私共の創作する京菓子が、皆様の心に何かしらの豊かさをお伝えできればと願っております。

アピールポイント

  • 会社の自慢

    京菓子資料館

    昭和53年12月8日、京菓子文化の総合的な資料館として、オープンした「ギルドハウス京菓子」。和菓子のあゆみを分かりやすく理解できるように、唐菓子の模型や古くから伝わる資料の公開をはじめ、国内でも希少な糖芸菓子の常設展示を行っている資料館として、年間約2万人超の来館者をお迎えしております。

  • 会社の理念

    『手のぬくもりとともに』

    俵屋吉富ではできるだけ「手づくり」でお菓子を調製することに努めております。
    上生菓子や干菓子はもちろんのこと代表銘菓「雲龍」も、昔から変わらぬ手づくりを守っています。
    雲龍上部の「くぼみ」は、「巻簾(まきす)」で手巻きする際にできるその「証し」です。
    全て職人が人の手で一生懸命作り出している証明です。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社俵屋吉富
(カブシキガイシャタワラヤヨシトミ)
業種 伝統、食品、製菓
事業内容 代表銘菓「雲龍」をはじめ、季節感あふれる京菓子の製造販売を行っております
設立 1953年09月01日
創業 1755年
資本金 2400万円
従業員数 120名 (女:70名、男:50名)
売上高 13億5000万円(2012年度)
代表者 代表取締役社長  石原 義清(イシハラ ヨシキヨ)
本社所在地 〒602-0029
京都府京都市上京区室町通上立売上る室町頭町285-1 
本社電話番号
本社FAX番号 075-432-9271
事業所所在地 上京区
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報