企業情報詳細

株式会社ビアンコジャパン

ビアンコジャパン

最終更新日2017/04/22

  • 京都ものづくり企業ナビ

洗剤を越えた「修復洗浄剤」

  • 日本のまちづくりは、スクラップ&ビルドの姿勢で進められてきました。地球環境が問題とされるなかで大きな転換期を迎えています。ビルの内外装・歩道・橋梁・トンネル・ダム・高速道路など…さまざまな石材やコンクリート建造物が老朽化し、汚染され放置されたままの状態で、人と街からアメニティを失わせています。
    いま必要とされるのは、快適で、地球に優しいまちづくり、ビアンコジャパンの新技術がそれを実現します。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 8
    合計 44

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

ビアンコジャパンの製品は、すべて工事現場の要請から生まれ、改良し利用されております。わたしたちが、自社の製品を自信を持ってお勧めできる理由は、研究室内の実験結果だけではなく、自分たちが開発した製品を用いて自分たちで施工したり製品開発において「現場での検証」を重視している点にあります。
今後もより良い製品と施工方法の開発を推し進めてまいります。

アピールポイント

  • 会社の強み

    様々な用途・使用規模にお応えします!

    タイル、アルミ、ステンレス等、建物を取り巻く建築素材に合った「洗浄修復剤」の開発・製造および販売を行っています。これらの製品をご利用いただくことで、素材を傷めることなく、素材本来の風合いを取り戻すことができます。
    「素材本来の風合いを取り戻す」という意味を込めて、ビアンコジャパンではこれらの自社製品を単なる洗浄剤ではなく「洗浄修復剤」と呼んでいます。

  • 会社の自慢

    高性能ガラスコーティングのビアンコート

    空港や店舗フロアなどで施工されている超硬化コーティング剤を家庭用に応用したのがビアンコートです。人畜無害なので安全性も高く、フロア材の大敵だった水拭きや油汚れも簡単に拭き取ることができます。また一度コーティングすると長時間にわたり効果が持続し、ワックスも不要となり経済的です。薄膜コーティングの実現により、「自然な木の風合い」を損なわず、過度な光沢を抑えることにより、落ち着ける空間を提供し続けます。

  • 会社の特色

    常に自然の変化や大気汚染にさらされている建物の外装材は、長い年月の間に汚れが付着し、汚れに起因した素材の老朽化が進みます。ビアンコジャパンでは、自社開発の「洗浄修復剤」と、蓄積したリニューアル工事事業の施工ノウハウによって、作業員や居住者に安全で環境に優しいメンテナンスをご提供しています。同時に、商業ビルやマンションなどの改修工事全体を視野に入れ、総合的に工事を施工しています。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社ビアンコジャパン
(カブシキガイシャビアンコジャパン)
業種 建設、設備、製造、小売
事業内容 1、タイル・アルミ・ステンレス・石材等、建築外内装材に対する洗浄修復剤・保護剤の開発・製造・販売
2、自社製品による洗浄修復工事の施工ならびに施工指導
3、上記に係わる資機材の開発・製造・販売
4、大規模改修工事に係わる工事の施工
設立 1996年11月12日
資本金 3億1107万円
従業員数 11名 (女:1名、男:10名)
代表者 代表取締役社長  長束 義浩(ナガツカ ヨシヒロ)
本社所在地 〒601-8362
京都府京都市南区吉祥院長田町47番地 
本社電話番号
本社FAX番号 075-693-5522
事業所所在地 南区
ホームページURL
採用予定