企業情報詳細

正春武道具株式曾社

マサハルブドウグ

最終更新日2016/08/20

創業百余年の伝統が生み出す精巧な技

  • 武道具を造り続けて百余年、弊社はこの伝統に培われた技術で、他の追随を許さない秀れた武道具の改良に努力を注いでおります。選び抜かれた材質、仕立ての精巧さなど自信をもってお奨めできる逸品を、ご使用になる方々の身になって造りあげております。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 5
    福利厚生が充実 4
    教育・研修制度が充実 4
    給与水準・待遇 5
    世に誇れる製品・サービス・技術 7
    休日が多い 4
    合計 29

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

武道具を造りつづけて百余年、順風満帆だった訳ではありません。太平洋戦争が終わった昭和20年11月には、剣道が軍事教練の一部とみなされ、活動が禁止されました。講和条約発効に伴う武道解禁までの苦難の時代を切り抜けることができたのは、お客様、そして弊社で働く職人たちの剣道に対する深い愛情があってこそだと思います。これからも、武道の発展を第一に考え、「お客様の身になって物を売る」商法を続けていく所存です。

アピールポイント

  • 会社の強み

    創業当初より一貫して、「お客様の身になって物を売る」商法に拘ってまいりました。ただ物を売るのではなく、道具の知識・使い方からご説明して納得して買っていただく。その結果、弊社とお客様の間に信頼関係が生まれると考えております。長く続けていただきたい武道ですから、お客様との絆を大切にしていきたいと考えております。

  • 会社の自慢

    弊社の近隣には、日本剣道会の総本山といわれた大日本武徳会の本部道場武徳殿がございます。戦前の主な剣道試合はすべてここで行われたという由緒ある道場です。日本剣道界の息吹を身近に感じるこの地で商売できることは、非常に素晴らしいことだと思います。

会社概要

詳細を見る

法人名 正春武道具株式曾社
(マサハルブドウグカブシキガイシャ)
業種 伝統、卸売、小売
事業内容 剣道・柔道・空手・薙刀 各種武道具製造・卸販売
創業 明治35年
従業員数 11名 (女:2名、男:9名)
代表者 代表取締役  政春 哲次(マサハル テツジ)
本社所在地 〒606-8392
京都府京都市左京区聖護院山王町18番地 
本社電話番号
本社FAX番号 075-771-1020
事業所所在地 左京区、京都府外(滋賀県)
ホームページURL
採用予定
その他