企業情報詳細

亀廣宗

カメヒロムネ

最終更新日2016/05/31

伝統的技法を頑なに守り続ける御菓子司

  • 昭和28年、現在地で商いを始めました。京都老舗 亀末廣が本家で、暖簾を貰い受け、亀廣宗として現在に至ります。四季折々の生菓子・御干菓子や懐中しるこ、最中(御苑)金平糖などの商品を取り揃えております。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 7
    世に誇れる製品・サービス・技術 7
    休日が多い 7
    合計 42

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

亀廣宗代表 吉村 聰

代々受け継がれてきた伝統的技法を頑なに守り、良い原料を使い、味重視の製品作りにこだわっております。個人のお客様はもちろん、茶道の家元お師匠様等にご愛顧いただいております。非常に厳しい目をもった京都のお客様に満足していただける京菓子を提供し続ける為にも、今後も精進して参ります。

アピールポイント

  • 会社の自慢

    「鳥羽玉(うばだま)」

    古今和歌集や万葉集の枕言葉にも歌われている鳥羽玉(うばだま)は各店でいろいろな説が唱えられていますが、当店では「ひおうぎ※の果実で丸くて黒いところから」との説を採用しております。沖縄産の黒砂糖をもちい、黒餡の上に黒羊羹をかけて、伝統の味に仕上げました。

    ※アヤメ科の多年草で、光沢のある黒い種子をつけ、うばたまと呼ばれる。

  • 会社の社会貢献

    京のフードマイスター※を受賞し、京菓子作りに精励しております。
    主婦や学生さん等に京菓子の作り方をレクチャーするなどの活動を通して、京菓子作りの普及を目指しております。

    ※社団法人京都府食品産業協会が、地道に仕事一筋に歩んできた熟練技能者を顕彰する制度。

会社概要

詳細を見る

法人名 亀廣宗
(カメヒロムネ)
業種 製菓、小売
事業内容 製菓販売
創業 昭和28年
従業員数 5名 (女:1名、男:4名)
代表者 吉村 聰(ヨシムラ サトシ)
本社所在地 〒606-0864
京都府京都市左京区下鴨高木町9-4 
本社電話番号
本社FAX番号 075-781-1690
事業所所在地 左京区
採用予定