企業情報詳細

浅田製瓦工場

アサダセイカワラコウジョウ

最終更新日2015/10/20

  • 三代目 浅田晶久

京瓦に新しい発想と技術を

  • 飛鳥時代に日本に伝来した瓦は、長い間貴重なものとして寺院や城郭など、限られた場所にしか使われていませんでした。そんな時代に東山・智積院の辺りから採れる粘土を用い、焼く前に磨くことで独特の光沢を誇ったのが「京瓦」です。
    現在では「京瓦」の伝統技術を受け継ぐ職人も数えるほどしか残っておらず、現役で作品づくりを行っている京瓦鬼師は「浅田晶久」ただ1人となっています。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 5
    教育・研修制度が充実 5
    給与水準・待遇 5
    世に誇れる製品・サービス・技術 7
    休日が多い 5
    合計 35

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    浅田製瓦工場の瓦や鬼瓦は、手作りでしか対応できない歴史的建造物の修復などに使用され南禅寺や東寺、今熊野神社など有名社寺の屋根を現在も飾っています。
    今もなお、昔ながらの方法で瓦を作り続けている浅田製瓦工場は、伝統技術を受け継ぐ貴重な存在となりつつあり、 全国の瓦産地から多くの若い技術者や職人が見学や勉強に訪れています。

  • 会社の自慢

    多種多様な瓦の型を所有しておりますので、あらゆる様式の建造物に適した瓦の製造が可能です。機械化による大量生産とは違う手作りの瓦に、浅田製瓦工場は拘り続けます。
    「難しいもんほどつくるのが楽しく、自分の腕を試せることにやりがいがある」という思いで、伝統的な技術と新しいデザインを融合させた作品を、これからも皆様にお届けしていきます。

会社概要

詳細を見る

法人名 浅田製瓦工場
(アサダセイカワラコウジョウ)
業種 伝統、工芸
事業内容 いぶし瓦全般(社寺瓦・簡略瓦・鬼瓦・特殊瓦)製造販売・屋根工事施工
創業 1911年12月
従業員数 5名 (女:0名、男:5名)
代表者 浅田 晶久(アサダ マサヒサ)
本社所在地 〒612-8338
京都府京都市伏見区舞台町5番地 
本社電話番号
本社FAX番号 075-601-1545
事業所所在地 伏見区
ホームページURL
採用予定