企業情報詳細

株式会社 田中長奈良漬店

タナカチョウナラヅケテン

最終更新日2016/02/15

私達は手仕事の味を守り続けます

  • 忙しい時代になりました。
    しかし、待つことでしかできないものがあります。
    当店の看板商品、『都錦味淋漬(みやこにしきみりんづけ)』は、野菜を酒かすに漬込み、みりん風味を生かす独自手法で作られます。
    職人の手仕事による漬替えをくり返し、完成までに二年ほどの年月がかかります。
    この歳月と職人の技がまろやかな香味を生み出します。
    「時間こそが最高の調味料である」
    創業以来の変わらぬ信念です。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 7
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 8
    合計 44

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の自慢

    寛政元年の創業以来、『都錦味淋漬』の製造方法に大きな変化はありません。野菜の栽培地域が変わり、工程に新たな機械が導入された部分はありますが、多くの工程は、創業以来変わらぬ職人の手仕事によります。奈良漬にも、漬物のように漬込み期間を短縮した浅漬がありますが、『都錦味淋漬』の味を守るには時間をかける必要があり、「時間こそが最高の調味料である」と信じ、時間と手間を惜しまない伝統製法を守って行きます。

  • 会社の特色

    『都錦味淋漬』は、主に京野菜の伝統を受け継いだ野菜を原料としています。野菜を前処理後一度塩漬にし、その後、塩漬された野菜を酒粕の漬床(粕床)に移し替えます。塩漬野菜を粕床に移し替え寝かせる工程で、野菜の塩分が少しずつ除かれ、酒粕に含まれるうま味成分が野菜の中に浸透します。塩分濃度を徐々に下げた酒粕を用い、何度かこの工程を繰り返し、2年ほどの歳月をかけてまろやかな香味が生まれるのです。

  • 会社の理念

    「より良い商品を、誠実な商いで」
    創業以来変わらぬ思いがあります。愚直であること。その思いをお客様に運んでいます。『都錦味淋漬』の包み紙には、「誠実」「忍耐」「伝統」「香」「色」「味」「心」の文字が躍っています。同じ物を変わらずに作り続ける愚直な思いを包んでいるのです。創業以来の変わらぬ商いの心の表現です。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社 田中長奈良漬店
(カブシキガイシャ タナカチョウナラヅケテン)
業種 伝統、食品
事業内容 奈良漬製造、販売
設立 1963年08月23日
創業 1789年
資本金 1000万円
代表者 代表取締役 田中 長兵衞(タナカ チョウベエ)
本社所在地 〒600-8421
京都府京都市下京区綾小路通烏丸西入童侍者町160番地 
本社電話番号
本社FAX番号 075-351-4520
事業所所在地 下京区
ホームページURL
採用予定