企業情報詳細

特定非営利活動法人きょうとグリーンファンド

キョウトグリーンファンド

最終更新日2019/02/05

もっと自然エネルギー

  • きょうとグリーンファンドは、地域の公共施設に資金を出し合って太陽光発電設備などを設置するとともに、環境学習を実施する「おひさまプロジェクト」を進めています。テーマは再生可能エネルギー、省エネ・節電等です。地域から持続可能な社会を目指します。
    2008年「認定NPO法人」として国税庁から認定、その後、2015年に京都市から認定されました。※認定NPO法人への寄付は、寄付金控除などの対象となります。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 5
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 5
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 5
    合計 37

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ
気候変動は、社会のありようが原因と言われます。東日本大震災と福島原発の事故以降、どんなエネルギーを使うかは、私たち共通の課題となりました。気候変動やエネルギーシフトは大問題ですが、省エネを進め、再生可能エネルギーの利用拡大は、解決への着実な一歩となります。きょうとグリーンファンドは、子どもたちに健やかな地球を手渡すために活動を続けています。あなたは、どんな未来になればいいと思いますか。

アピールポイント

  • 会社の強み

    おひさま発電所づくり
    ●節電・省エネと再生可能エネルギー普及を目標に、市民が「おひさま基金」へ寄付、積立てます。
    ●「おひさま基金」は、保育園などに太陽光発電を設置する費用として活用します。
    ●施設は発電分の一部を「おひさま基金」に寄付し、次の設置や環境学習に活用します。
    ●設置協力金は、ご協力いただいた方に返済します。
    ●施設が地域の環境学習や情報発信の拠点となるようサポートします。

  • 会社の特色

    ■おひさま発電所となった施設(2019/1)
    法然院森のセンター、あけぼの保育園、清仁保育園、清心保育園、夢窓幼稚園、陵ヶ岡保育園、春日野園、大宮保育園・、がやき保育園、妙林苑、つくし保育園、向島保育園、アースガーデン、大宅保育園、自然幼稚園、田歌舎、城陽市立久世保育園、イサク事業所、京都市上鳥羽北部いきいき市民活動センター、Cherry’sHug東向日園、イマジン、株式会社吉川商店、安朱保育園

会社概要

詳細を見る

法人名 特定非営利活動法人きょうとグリーンファンド
(トクテイヒエイリカツドウホウジンキョウトグリーンファンド)
業種 環境、エコ、教育、こども、その他(NPO)
事業内容 持続可能な社会の実現を目指し、市民共同おひさま発電所設置をはじめとする自然エネルギーの地域への普及、及び省エネルギーの促進に関する事業
設立 2000年11月27日
従業員数 5名 (女:4名、男:1名)
代表者 理事長  松岡 憲司(マツオカ ケンジ)
本社所在地 〒600-8191
京都府京都市下京区五条高倉角堺町21 事務機のウエダビル206
本社電話番号
本社FAX番号 075-352-9150
事業所所在地 下京区
ホームページURL
採用予定
インターンシップ