企業情報詳細

NPO法人支援機器普及促進協会

シエンキキフキュウソクシンキョウカイ

最終更新日2017/08/12

  • 人とIT支援機器を笑顔でつなぐ、当法人のロゴマークです。

きのうよりも、ちょっとすてきな明日へ!

  • IT支援機器は、障害のある多くの方々にとって、「見る」「聞く」「話す」「覚える」などのはたらきを補うことができる、くらしのパートナーです。
    毎日の「できること」を広げるため、私たちNPO法人支援機器普及促進協会は、IT機器の普及に取り組んでいます。
    あわせて、当法人の活動を障害のある方の社会参加の場としていただけるよう、障害のある当事者による障害のある方の支援・ピアサポートを実践しています。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 7
    福利厚生が充実 5
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 5
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 8
    合計 39

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ
障害のある方や高齢者などの情報格差のある人たちにとって、現代社会は生きづらく、また学習しにくい社会であると思います。
一方で、昨今のスマートフォンやタブレット端末などのIT機器は、人が生きていくために大切な機能の多くを補完出来るようになってきました。
この両者をうまくつなげることで、情報格差のないバリアフリーな社会を実現し、個人の生活の質(QOL)を高めたいという思いの下に活動しております。

アピールポイント

  • 会社の強み

    特別支援学校の教員を対象とした電子教材作成講座

    京都を中心に特別支援学校や福祉施設など現場との接点が多く、また活動メンバーの大半が障害のある当事者であることから、障害のある方の生の声やニーズをどこよりも理解しております。

  • 会社の自慢

    障害者のためのiPad講座、親子で参加・体験していただけます

    当法人は、9割以上の活動メンバーが何らかの障害のある方です。
    障害のあることの苦しみや悩みを、身をもって理解しているからこそ可能になる、当事者のための支援活動を進めてまいります。

  • 会社の特色

    Webサイトやチラシも障害のある当事者の手によるものです

    障害のある方が活動の中心となっておりますので、各人が体調や活動の内容によって参加できるものに関与しております。
    また、障害特性に応じた役割分担により、主体的に社会参加が出来る仕組みを構築するべく、日々努力しております。

  • 会社の社会貢献

    障害のある方たちの社会参加と、障害のある方たちへのIT支援活動を同時に行っております。

  • 会社の理念

    障害のある苦しみや困難を一番理解しているのは当事者です。
    障害のある方や高齢者の支えとなるIT支援機器の普及活動には、当事者の視点が欠かせません。
    当法人では、障害のある方の経験を強みとして、社会参加できる場を提供してまいります。

会社概要

詳細を見る

法人名 NPO法人支援機器普及促進協会
(エヌピーオーホウジンシエンキキフキュウソクシンキョウカイ)
業種 IT、医療、福祉、生活、教育、こども、学校
事業内容 ■障害のある方・子どもおよび高齢者の生活・学習支援のためのIT機器活用支援と普及活動(機器の体験貸出し・設定訪問/学習会の開催/支援ソフトの開発等)
■障害のある方の社会参加の場や就労訓練の場としてのピアサポートの実践
設立 2011年07月29日
創業 2006年06月01日
従業員数 10名 (女:5名、男:5名)
代表者 高松 崇(タカマツ タカシ)
本社所在地 〒600-8813
京都府京都市下京区中堂寺南町134番地 京都リサーチパーク内 京都高度技術研究所8F
本社電話番号
本社FAX番号 075-320-1302
事業所所在地 下京区、山城
ホームページURL
採用予定
採用情報