企業情報詳細

京都シネマ

キョウトシネマ

最終更新日2018/08/23

いきつけの映画館、つくりませんか?

  • 新しいスタイルで「お客様が気持ちの良い映画館」、「地域に根ざした映画館」作りを行っています。
    働いているスタッフにとって、京都シネマが「いきつけの映画館」です!映画が好きであるということはもちろんですが、全てのスタッフが自分たちの映画館であるという想いが強く、お客様にも「いきつけの映画館」になっていただけるよう努めております。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 5
    福利厚生が充実 5
    教育・研修制度が充実 5
    給与水準・待遇 5
    世に誇れる製品・サービス・技術 5
    休日が多い 5
    合計 30

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

先輩からのメッセージ
映画館で働くというと、チケットの販売や場内の案内などが目に見える仕事だと思いますが、多岐にわたっています。お客様に映画を観ていただいている時間帯が、一番忙しく動き回っています。来ていただいた方に気持ち良く鑑賞いただき、お帰りいただくため、またもう一度来ていただくためにスタッフが常に工夫をしています。「ありがとう」「いい映画だったよ」の一言が最大のほめ言葉です。

アピールポイント

  • 会社の強み

    ロビーの様子

    「チャレンジできること」と「チームワーク」が、強みです。新しい会社だからこそできる様々な取り組みを協力し合って進めています。映画館の仕事は、1週間を区切りとしたルーティンワークを中心に、その中で工夫しながらお客様へのサービスを高められるか、満足を得られるかを常に模索しながら、スタッフ同士刺激し合ってスキルアップを目指しています。

  • 会社の特色

    比較的若いスタッフが多く、個性や特技を活かしながら、掲載物の作成やSNSによる情報発信など、それぞれアイデアを形にしています。また2015年4月から始まった「京都シネマ名画リレー」は新作ではなく、過去に映画館に上映された作品の中から「これぞ!」という作品をスタッフがセレクトし上映しています。

  • 会社の理念

    映画は、世界中の多様で多彩な文化や歴史を描き、夢と希望、怒りや哀しみ、愛、国や民族、宗教の違いを越えて共感をもたらす私たちへの素敵な贈り物です。
    映画館は映画と観客が出会う場所であり、映画が誘(いざなう)う世界への入り口です。
    当社は、シネマトグラフ日本での初上映(1897年)以来、日本映画をいまも作り続けている京都の映画館として“映画館文化”の創造と確立、更なる発展をめざし、努力し続けます。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社如月社
(カブシキガイシャキサラギシャ)
業種 アート、イベント、その他(映画館)
事業内容 映画館の運営
創業 2004年12月04日(開業)
代表者 神谷 雅子(カミヤ マサコ)
本社所在地 〒600-8411
京都府京都市下京区水銀屋町620番地 COCON烏丸3F
本社電話番号
本社FAX番号 075-344-2212
事業所所在地 下京区
ホームページURL
採用予定
インターンシップ