企業情報詳細

株式会社田丸弥

タマルヤ

最終更新日2016/08/03

伝統と風土に育まれた、京のおせん処。

  • 千利休ゆかりの京・洛北大徳寺の旧境内地。閑静なたたずまいを残す一角に田丸弥本店はあります。
    京の代表的な「町家造り」をそのままに、おもてなしの心で皆様のご来店をお待ちしています。
    緩やかに流れる時の中で、暫しゆったりとお寛ぎください。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 5
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 5
    合計 38

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の自慢

    田丸弥を代表する名菓「白川路」。そもそもの由来は、桓武天皇の時代・延暦二十三年にまで遡ります。菓祖山城国嵯峨小倉の里住人であった和三郎(和泉明神藤原政重)が空海(弘法大師)から伝授されたという胡麻あえ菓子。それが名菓「白川路」の起こりです。長い年月を経た現在もなお、当時そのままの手法を生かし、心をこめて作り続けております。お口に広がる胡麻の芳ばしさと、素朴な味わいをお楽しみください。

  • 会社の社会貢献

    粗品袋の一部に点字用紙を用いております。点字用紙は再生紙の原料には不向きな紙質のため、従来は産業廃棄物として有料処分されていました。しかし再利用すれば資源に生まれ変わり、また印刷・製袋加工することで、社会福祉法人京都ライトハウス(視覚障害者のための総合福祉施設)に新たな仕事をもたらす事ができるのです。この事業をささやかながら応援することも「田丸弥の心」のひとつと心得ております。

  • 会社の理念

    田丸弥の信条は、「茶禅一味(ちゃぜんいちみ)」の精神に通じます。茶道は禅から起こったものであるから、茶道と禅は同じ境地にあるべきもの、何よりも人間形成の道でなければならない、という教えです。菓子づくりの道も目指すところは同じです。「菓子は人なり」の信条のもと、三百六十五日を菓業に専念しております。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社田丸弥
(カブシキガイシャタマルヤ)
業種 工芸、製菓、小売、飲食
事業内容 京せんべい販売、美術工芸サロン
設立 1979年05月29日
従業員数 16名 (女:14名、男:2名)
代表者 吉田 達生(ヨシダ タツオ)
本社所在地 〒602-0067
京都府京都市上京区堀川通上立売上る竹屋町561番地 
本社電話番号
本社FAX番号 075-414-1537
事業所所在地 上京区
ホームページURL
採用予定