企業情報詳細

株式会社京都なり田

キョウトナリタ

最終更新日2015/11/25

  • 上賀茂本店

文化元年創業 京漬物・佃煮の御すぐき處

  •  
    ◇求味専心◇
     
    なり田は上賀茂ですぐきをつくり始めた300年以上も前から、ただひたすらに、味を求めてまいりました。慢心をおそれ、常に味を磨いてきた先人たちの姿勢。それを支持してくださるお客様があってこそ、今ここに貴重な出会いをいただていると、心から感謝しております。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 6
    合計 41

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    「すぐき」

    約300年前から作っております「すぐき漬け」の漬け込みには、途中修正のできない、「塩加減」・「重し加減」・「室(むろ)加減」3つの大切なポイントがあります。さらに、漬け込む樽の個体差や、同じ樽の中でも漬け込む位置によっても味が変わりますので、美味しい「すぐき漬け」を安定して作るには職人の経験やカンが頼りになります。「なり田」では、全過程を熟練した職人による手作業で行っております。

  • 会社の自慢

    「鈴」

    「なり田」の「鈴」について

    「なり田」の暖簾や包装紙などに使われている「鈴」のマーク。

    この鈴には、
    お客様が「すずなり」となってお店に来ていただけるように、「なり田」の「なり」と鈴の「鳴り」をかけてという意味が込められています。

  • 会社の理念

    「ここに帰ればいつも本当の日本がある。日本人が日本人に戻れる本物のやすらぎとゆとりがある。」それを提案し続けていくことが、京漬物を原点とする、なり田の役割であると思っております。
    伝え、創り継ぐ。先代から受け継いだ歴史をしっかりと守りながら、やがて未来へと受け継ぐ、今という時代。ここでなり田がなすべきことを真剣に考え、ていねいに取り組んでいきたいと思っております。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社京都なり田
(カブシキガイシャキョウトナリタ)
業種 伝統、サービス、その他
事業内容 京漬物・佃煮製造・販売
設立 2012年08月02日
創業 1804年(文化元年)
資本金 1000万円
従業員数 18名 (女:10名、男:8名)
代表者 松河 陵(マツカワ ミサキ)
本社所在地 〒603-8076
京都府京都市北区上賀茂山本町35番地 
本社電話番号
事業所所在地 北区、下京区
ホームページURL
福利厚生
採用予定