企業情報詳細

千切屋株式会社

チキリヤ

最終更新日2016/11/15

いつの時代にも本物と呼べる呉服を創作している呉服卸商社です

  • 千切屋の創業は享保十年、徳川吉宗の時代にまで遡ります。以来、伝統を今に受け継ぐまち・京都において、感性あふれる染と織の美を発信し続けて、オリジナル・ブランド「羽衣」の商標のもとに呉服を制作しています。また伝統工芸作家にも作品制作を依頼して、人間国宝作品を含む染織の最高峰の作品から、全国産地の特色ある商品も各産地商社との密接な取引のもとに取り揃え、総合呉服卸商として発展してきています。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 9
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 8
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 7
    合計 46

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の自慢

    会社の中庭風景

    高倉通に面した現在の社屋は明治38年の建物です。そして、会社の中に入って趣のある応接間を通って奥に進むと、京都らしい四季折々の美しい佇まいを見せる中庭があります。もちろん、この庭も創業当時から受け継いで残してきたもので、元禄時代の古い灯篭も残っています。伝統ある京都のまちの老舗として、昔ながらの社屋を維持して守っていることが、会社の自慢の一つです。

  • 会社の特色

    京都染織界の巨匠 故・皆川月華作 振袖

    「作家物の千切屋」と言われるように、伝統工芸会・日展をはじめとする染織工芸作家に商品制作依頼をして、品質・技術とも常に衣裳美のトップレベルの商品を提供し続けています。またオリジナル・ブランド「羽衣」を昭和6年より商標登録して、社内に意匠室を設け、独自の図案をもとに本物と呼ぶにふさわしいきものを制作しています。

会社概要

詳細を見る

法人名 千切屋株式会社
(チキリヤカブシキガイシャ)
業種 伝統、織物、染色、卸売、小売
事業内容 呉服の卸売業。染織各メーカーに製造委託したオリジナル呉服の制作を中心に、染、織、白生地、裏物、和装小物まで総合的に充実した品揃えをしている。全国有名百貨店・小売店を販売網に持ち、総合呉服商社として積極的な活動を全国的に展開している。
設立 1942年10月01日
創業 1725年02月03日
資本金 9012万円
代表者 代表取締役社長  高見 保(タカミ タモツ)
本社所在地 〒604-8132
京都府京都市中京区高倉通三条下る丸屋町160番地 
本社電話番号
本社FAX番号 075-251-0815
事業所所在地 中京区、京都府外(東京都)
ホームページURL
採用予定
採用情報