企業情報詳細

株式会社もり

モリ

最終更新日2018/06/13

土が原点、京都太秦の京つけもの

  • 自家農園生まれの京野菜など、独自の基準で育てた野菜を盛り込んだつけものづくりに取り組んでいます。野菜が持って生まれた滋味を生かし、上品な味わいへと高めた京つけものを皆さまの食卓へお届けします。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 7
    給与水準・待遇 7
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 7
    合計 45

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

お客様と従業員に満足感を持ってもらうことが最優先です。お客様に満足していただける商品やサービスが提供できなければ、売上げがたたず企業の存立はありません。また従業員が満足感をもたない、そんな会社で働こうという人はいなくなります。「従業員を大切にされている企業ですね」とよく褒めていただきます。それは特別なことではなく、あたりまえのことなのです。
先輩からのメッセージ

私は短期アルバイトのつもりで入社したのですが、働く人を大切にするこの会社の社風に感動して、正社員となるべく頑張りました。
売場の運営や商品についてのアイデアなど、提案したことを実現に向けてのテーブルに挙げてもらえ、結果は別としても提案しがいがあります。そういうシステムが、私にとってはやりがいのある職場に映りました。
だからやりがいをもって働いていけるのです。

アピールポイント

  • 会社の強み

    大手企業にない、小回りの利いた展開。『自社農園』での野菜の育成開発。
    自然のなかで土と語らいながら、新しい野菜を生み出し、伝統の味・新しい味覚をチームワークでつくる“こだわり”の「京つけものもり」。“こだわり”を貫き、もり独自の「京つけもの」を確立しています。

  • 会社の理念

    新鮮で、良い野菜からしか、美味しいつけものはできないをモット-に日夜励んでおります。
    そこで、「京つけものもり」では、“土が原点”をテーマに土造りからはじまり、聖護院かぶら・青味大根・菜の花・鹿ケ谷かぼちゃ等野菜造りにこだわり、京野菜を中心に独自製法により、安全かつ安心な漬物づくりに精進を重ねて漬け上げた「逸品」づくりを常に目指しております。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社もり
(カブシキガイシャモリ)
業種 製造、食品、小売
事業内容 京つけもの 製造小売
創業 1962年03月
資本金 1000万円
従業員数 100名 (女:80名、男:20名)
売上高 8億円
代表者 代表取締役  森 義治(モリ ヨシハル)
本社所在地 〒615-0006
京都府京都市右京区西院金槌町15-7 
本社電話番号
本社FAX番号 075-802-1511
事業所所在地 右京区、南丹
ホームページURL
福利厚生
採用予定