企業情報詳細

冨士倉庫運輸株式会社

フジソウコウンユ

最終更新日2019/07/10

「当たり前」のことを「当たり前」に

  • 「当たり前」のことを「当たり前」に実行することは決して容易なことではありませんが、この言葉を合言葉に、お客様の期待にお応えし、信頼を重ね地域社会に貢献していく所存です。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
本人の希望、能力に応じてキャリアアップ制度があります。また、育児休暇、介護休暇等の法定休暇の他リフレッシュ休暇等の特別休暇取得制度があります。
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 育児と両立
  • 介護と両立
  • 女性活躍
  • 非正規処遇改善
  • 若年者活躍
  • 外国人活躍

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 8
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 5
    合計 41

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

当社は、2010年度に創業40周年を迎え、倉庫部は倉庫建屋の大幅改修、そして運輸部は、安全運行の徹底をはかる体制作りを行いながら中型から大型車輌へのシフトを開始いたしました。営業体制も受身の姿勢から提案型の攻めの姿勢へ、そして現業部隊は事故「ゼロ」を目標とし着実に実現しています。社員一人ひとりに芽生えてきた変革の意識を大切に、次の50年へとポジティブに対応できる企業になるべく取り組んでまいります。

アピールポイント

  • 会社の強み

    【冨士倉庫運輸の3PL】
    当社では、自社所有の倉庫・車両そして人材をフルに活用し、業種に拘わらず3PLによってお客様の物流を適正化させていただきます。

  • 会社の自慢

    【5Sの徹底】
    笑顔で「当たり前」のことを「当たり前」に遂行する。商品を指定場所へ指定時間にお届けする。簡単そうでちょっと難しい仕事に真剣に取り組んでいます。そのためには、5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)活動を徹底し、職場や業務に潜む「潜在的危険の低減」に努めております。

  • 会社の理念

    【経営理念】
    我々は常に良心に基づき行動し、お客様に「託して頂ける」信頼できる誠実な企業運営を通じ、社会の発展に貢献します。
    【ミッション】
    我々は、創意工夫を怠らず、社会に求められる物流サービスを提供し続ける。目指すは富士山の如く安定感からなる安心の提供。
    【事業目的】
    当社に関わる全ての人、企業、地域社会が豊かになる為に行動する。

会社概要

詳細を見る

法人名 冨士倉庫運輸株式会社
(フジソウコウンユカブシキガイシャ)
業種 運輸、物流
事業内容 倉庫業、貨物運送業、人材派遣業、流通加工業
設立 1969年09月08日
資本金 1000万円
代表者 代表取締役社長  兼元 邦浩(カネモト クニヒロ)
本社所在地 〒612-8296
京都府京都市伏見区横大路柿之本町13番地の1 
本社電話番号
本社FAX番号 075-602-8207
事業所所在地 伏見区
ホームページURL
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります