企業情報詳細

株式会社サンコンタクトレンズ

サンコンタクトレンズ

最終更新日2018/11/02

  • 京都ものづくり企業ナビ
  • 本社外観

  • 角膜形状解析装置

“はじめに眼ありき”オンリーワンのコンタクトレンズの提供

  • 角膜全体の形状を計測できる角膜形状解析装置を世界で初めて開発。100万人以上の角膜形状解析データをもとに、一人ひとりの眼に合わせたカスタムメイドハードコンタクトレンズを製造・販売。全国の大学病院をはじめ多くの医療機関・眼科医と協力し、安全・快適で良好な視力が得られるコンタクトレンズの提供を目指しています。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 7
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 7
    合計 44

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ

代表取締役社長 笹川 泰弘

私たちは、コンタクトレンズの研究開発から生産・販売を一貫して手掛けています。
また、それらに付随する、各種用剤・周辺機器もあわせて手掛けています。
特に医療としてのコンタクトレンズの研究を各医療機関と共同にて取り組み、高い技術力、他社にない技術は、多くのメディアに取り上げられています。
弊社が掲げる、企業理念・考動指針をもとに、さらなる挑戦に向けて一緒に働ける人材を求めます。
先輩からのメッセージ

ハードコンタクトレンズの調整

ハードコンタクトレンズを製造、販売しているだけではありません。アフターサービスとして、医師と相談しながら、より眼に合ったレンズになるように、レンズの調整を行っています。患者様のリピート率は高く、長年にわたり弊社のレンズを愛用されている方も多くおられます。調整後の患者様の明るい顔を見るたびに、やりがいを感じることができる仕事です。

アピールポイント

  • 会社の社会貢献

    先天白内障でコンタクトレンズを装用している赤ちゃん

    先天白内障術後の赤ちゃんが視力を得るためのレンズなど医学的適応の高いコンタクトレンズの提供に積極的に取り組んでいます。
    また、2011年3月に発生した東日本大震災においても、公共機関や医療施設を通じ、レンズやケア用品の無償提供を行いました。

  • 会社の理念

    <社会への貢献>
    会社の発展は社会に貢献した度合いによって決定される
    <安全な視力の提供>
    レンズそのものを売るだけでなく、安全性や快適さというソフトウェアを付けて売る会社でありたい
    <ベストの製品作り>
    最小であっても最良のコンタクトレンズを提供する会社でありたい

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社サンコンタクトレンズ
(カブシキガイシャサンコンタクトレンズ)
業種 製造、卸売、医療、医療機器
事業内容 ■コンタクトレンズの研究、開発、製造および販売
■生活環境や体調の変化によってハードコンタクトレンズが合わなくなったり、キズが付いたりした場合、レンズを切削、研磨して調整
■医療機器の開発、販売および修理
■医療機関向け情報システムの開発および販売
設立 1971年10月01日
創業 1971年10月01日
資本金 3200万円
従業員数 143名 (女:41名、男:102名)
売上高 48億円(2017年12月期)
代表者 代表取締役  笹川 泰弘(ササガワ ヤスヒロ)
本社所在地 〒604-0983
京都府京都市中京区麩屋町通夷川上る笹屋町475番地 サンコンビル
本社電話番号
本社FAX番号 075-221-7810
事業所所在地 中京区、下京区、京都府外(営業所:仙台、東京、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、宮崎)
ホームページURL
採用予定
採用情報