企業情報詳細

山藤織物工場

ヤマトウオリモノコウジョウ

最終更新日2016/02/05

丹後ちりめんの産地から皆様へ心を込めて

  • 京都府北部の天橋立近くの小さなまちに、今日も機音(はたおと)が響き、一本一本の糸が織られ続けています。山藤織物工場スタッフ一同は、長年継承されてきた技術にさらに磨きをかけ、日本に生き続ける伝統文化の担い手としての自覚を新たに、日本一美しい丹後ちりめんを織り続けて参りたいと思っております。また、京都市内の歴史ある織物屋・染物屋とも商売上の太い繋がりがあり、京都市内での催事にも度々出展しています。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
会社あってのことですので、会社がきちんとまわるための努力は、経営者も従業員もしてかなければならないことですが。仕事をしていただいてる方にあった、仕事しやすい環境をめざしています。
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 介護と両立
  • 治療と両立
  • 女性活躍
  • 非正規処遇改善
  • 高齢者活躍
  • 文化活動と両立

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 8
    福利厚生が充実 8
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 8
    世に誇れる製品・サービス・技術 10
    休日が多い 8
    合計 48

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    山藤織物工場は、京都府の日本海側に面した、日本三景の一つ、天橋立近くの与謝野町にあります。 天保4年(1833年)の創業以来、織物業に携わり、ちりめんを織り続けております。従来、白生地を生産するだけの織物工場でしたが、伝統を受け継いだ染色技術と加工部門の優秀な人材の尽力のもと、正絹無地風呂敷や友禅風呂敷をお求めやすい価格でインターネット販売をするに至りました。

  • 会社の自慢

    工場見学が出来ます。お気軽にお越し下さいませ。
    工場見学でぜひ見ていただきたいのが「八丁撚糸(はっちょうねんし)機」です。120年もの間、ちりめんの「シボ」と呼ばれる風合いを支えてきた機械です。 糸に撚(よ)りをかけてちりめんを織り、その後精錬する時に撚りが戻ることで、ちりめん独特のシボが生まれます。 山藤自慢の撚糸機ですが、実は木製です。山藤のちりめんを支える一番の立役者です。

会社概要

詳細を見る

法人名 株式会社山藤
(カブシキガイシャヤマトウ)
業種 伝統、織物、小売
事業内容 丹後ちりめん織元
風呂敷などの製造・販売
創業 天保4年(1833年)
代表者 山添 憲一(ヤマゾエ ケンイチ)
本社所在地 〒629-2263
京都府与謝郡与謝野町弓木493 
本社電話番号
本社FAX番号 0772-46-4394
事業所所在地 丹後
ホームページURL
採用予定

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります