企業情報詳細

大同硝子興業株式会社

ダイドウガラスコウギョウ

最終更新日2018/03/07

  • 京都ものづくり企業ナビ

For The Next Generation

  • 当社は、70年以上も前に会社名にもあるとおり、硝子製品を扱う問屋として創業しました。その後、時代の変化に伴い、取り扱い製品も硝子製品からプラスチック製品に変えて、現在は食品・学校教材・美容・日用品など、約150種類以上の多品種成形を行っています。当社の京都工場で生まれた製品は全国の百貨店やスーパーマーケット、学校など、日常生活の至るところで活躍しています。

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 9
    福利厚生が充実 7
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 6
    世に誇れる製品・サービス・技術 8
    休日が多い 7
    合計 43

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

メッセージ

代表者からのメッセージ
当社の取り扱う製品は、とにかく時代の変化、すなわち皆様のライフスタイルに影響されます。そのため、モノづくりの古き良き伝統だけを大切にしていても市場のニーズを勝ち取ることはできません。当社は創業以来、常にそのニーズを追求し続け、変化と進化を繰り返しています。
「古き良き伝統を尊重し、新しい変化と進化を歓迎するモノづくり現場」で、私達と一緒に仕事をしませんか?
(代表取締役社長 鈴木 健史)
先輩からのメッセージ

プラスチック製品の製造は近年ファクトリーオートメーション化が進んでいます。その点においては、当社の業務はまだまだ機械に人が寄り添ったスタイルで、一見古めかしい印象を受けますが、プラスチック成形もその他ものづくりと同様、製品に表情があります。その表情の細かい変化を感じるためには、人の感性が欠かせません。先輩たちが長年培った経験を学びつつ、新しい仕事にもチャレンジできる職場です。

アピールポイント

  • 会社の強み

    当社には大きく2つの技術部門があります。1つは、製品を機械で生み出す「成形部門」。もう1つは、成形部門が生み出した製品の検査・仕上げを行う「仕上部門」です。各部門の従業員は、関わった製品が自分の家族の手元に届くイメージをもち、「たった1つの不良も世に出さない」という意識で、シンプルでありつつも奥の深い作業に日々取り組んでいます。

  • 会社の自慢

    何よりの自慢が京都工場で働く従業員(人財)です。外国人を含め、世代は下は20歳代、上は70歳代と、バラエティー豊かな従業員が、日々それぞれのプライドをもって業務を進めています。勤続年数20年超の従業員も多く、“仲良く”“楽しく”長く勤められる社風が自慢です。私たちは人から人へ、会社の文化・技術を伝承しています。

会社概要

詳細を見る

法人名 大同硝子興業株式会社
(ダイドウガラスコウギョウカブシキガイシャ)
業種 製造、プラスチック
事業内容 ●プラスチック製品の製造   ●プラスチック製品の二次加工
 - 射出成形            - 仕上作業
 - 中空成形            - 検品作業
 - 真空成形
創業 1945年11月
資本金 9000万円
従業員数 59名 (女:33名、男:26名)
売上高 11億円(2017年04月期)
代表者 代表取締役社長  鈴木 健史(スズキ タケシ)
本社所在地 〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂ビル内
本社電話番号
本社FAX番号 06-6365-8907
事業所所在地 山城、京都府外(大阪府大阪市)
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
インターンシップ
その他