企業情報詳細

コンピュータ・システム株式会社

コンピュータシステム

最終更新日2018/03/14

  • 京都ものづくり企業ナビ

スピード・精度・真心を持って、ベストソリューションを提供

  • 弊社は、お客様の要望を第一に考え、期待と信頼に応えられるよう、スピード・精度・真心を持って、対応できる企業を目指しています。また、学術および産業界、地域社会に貢献し、ベストソリューションを提供できるよう、社員一丸となって全力で努力しています。

働き方改革への取り組み

私たちは下記の取り組みに力をいれています。

挑戦編
繁忙期等、どうしても残業が増えたり有休が取れない場合もございますが、以前より、残業が少なく、有休等は適切に取れております。
当社だけでなくお客様も同じ思いです。これまで以上にい生産性を向上するよう、常に作業一つ一つを意識して取り組んでおります。
  • 長時間労働削減
  • 休暇取得促進
  • 多様な働き方
  • 育児と両立
  • 介護と両立
  • 治療と両立
  • 女性活躍
  • 高齢者活躍
  • 障がい者活躍

自社評価

  • dummy

  • 項目 評価点
    職場環境(雰囲気)が良い 6
    福利厚生が充実 6
    教育・研修制度が充実 6
    給与水準・待遇 8
    世に誇れる製品・サービス・技術 9
    休日が多い 6
    合計 41

    ※企業による自社評価 登録されている企業が、それぞれの項目に1〜10点の点数を振り分けて、自社評価しています。

アピールポイント

  • 会社の強み

    サービス証明書

    測量機器の最大手メーカーである株式会社トプコンの代理店として世界最先端の機器を取り扱っており、地域No.1の販売実績を保っています。また、測量機器は業務上定期的なメンテナンスが必要であり、当社はJSIMA(日本測量機器工業会)認定事業者・トプコン修理認定店として、お客様に安心していただける修理・メンテナンスサービスを充実させています。

  • 会社の特色

    取扱商品

    事業の柱の一つが測量機器の取り扱いです。一般には馴染みがない商品ですが、工事では必須の機械となります。業種として測量業・調査士業・土木業・建設業・官公庁などで使われています。現在はICT等の発展もあり、ドローンを使った計測や重機を自動コントロールして施工するシステムなども販売しています。
    もう一つの柱がソフトウェア開発です。業務に適したシステムの開発により、官公庁・民間企業などに導入しています。

会社概要

詳細を見る

法人名 コンピュータ・システム株式会社
(コンピュータシステムカブシキガイシャ)
業種 IT、情報通信、小売、商社
事業内容 ◆業務用ソフトウェアの開発・オーダー作成
◆測量機器・OA機器・PC・ネットワーク関連・業務用ソフトウェアの仕入・販売・修理・レンタル
◆業務システムの提案・コンサルタント
◆各種消耗品の仕入・販売
設立 1978年07月29日
創業 1978年07月29日
資本金 1000万円
代表者 代表取締役  木村 法由(キムラ ノリヨシ)
本社所在地 〒602-8453
京都府京都市上京区笹屋町千本西入笹屋四丁目273番3 
本社電話番号
本社FAX番号 075-464-2153
事業所所在地 上京区
ホームページURL
福利厚生
採用予定
採用に関する問い合わせ先
採用情報

[]

×

長時間労働を削減するための制度があります

休暇の取得を促進するための制度があります

テレワークや在宅勤務、フレックスタイム制度など、場所や時間について、多様な働き方を実現するための制度があります

育児と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

介護と仕事の両立を支援するための法定を超える制度があります

治療と仕事の両立を支援するための制度があります

柔軟な働き方や配置・育成・教育訓練、評価・登用に関する制度など、女性の活躍を推進するための制度があります

正社員への転換や能力開発に関する制度など、非正規社員の処遇改善等を推進するための制度があります

労働時間・勤務日数・休暇等に関する制度など、高齢者の活躍を推進するための制度があります

就業環境や職域開拓・能力開発に関する制度など、障害者の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、若手社員の活躍を推進するための制度があります

職場定着や人材育成を目的とした制度など、外国人の活躍を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の地域活動を推進するための制度があります

休暇制度や補助制度など、従業員の文化活動を推進するための制度があります

学問と仕事の両立を支援するための制度があります